ハライチ岩井、『翔んで埼玉』はツッコミ不在で「ボケと毒がいい感じ」だったと高評価「普通に笑っちゃった」

2019.03.15 (Fri)
2019年3月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、『翔んで埼玉』はツッコミ不在で「ボケと毒がいい感じ」だったと語っていた。



岩井勇気:(実家で母親に)「勇気、勇気。ヒマだったら『翔んで埼玉』見に行こうよ」って言われて。

澤部佑:ああ。

岩井勇気:「『翔んで埼玉』かぁ」って思って。

澤部佑:『翔んで埼玉』ね(笑)

岩井勇気:なんって言ったらいいんだろうね。笑かしにきてる映画に対して、ちょっと芸人の立場からすると、「笑えるかなぁ?」ってなんか。

澤部佑:うん。

岩井勇気:ない?なんかちょっと。

澤部佑:まぁ、なんかね。でも、面白いらしいよね。

岩井勇気:って言うけど。「普通の人が見て面白い笑いじゃないの?」って。

澤部佑:結構、ぶっ飛んだ内容だもんね。

岩井勇気:母親にも「『翔んで埼玉』ですか?」って言って(笑)

澤部佑:はっはっはっ(笑)「ねぇねぇ、『翔んで埼玉』ですか?」って(笑)

岩井勇気:そう。「でも、行こうよ。何もないんでしょ」って。

澤部佑:母親とだもんね、しかも(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ハライチのターン

山里亮太、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感「カップルだ、東京出身だ、で」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感を感じたと語っていた。



山里亮太:(映画『翔んで埼玉』上映終了後に)埼玉の人がいて、「あれは凄いウケるよね」とか言ってて。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:あと、後ろから声が聞こえてきたのが、「面白かったね」って、カップルだったんだけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「いや、面白かったこの映画」って。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、「でもね、私たち2人とも東京だから、ちょっとなんか申し訳ないって気持ちになったね」っていう会話を聞いてるときに、むちゃくちゃ敗北感を感じちゃって(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語る「ガンガン笑い声が上がる」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語っていた。



山里亮太:映画を見に行ってきまして、先日。

赤江珠緒:おお。それこそ昨日、アカデミー賞だし。

山里亮太:そう、そう。

赤江珠緒:我々、町山さんから映画情報のシャワーを浴びてます。

山里亮太:そう。で、僕、大体、もうこのラジオやってから、映画行く時は町山さんにご紹介いただいたものがほぼ9割9分ぐらい。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:超ひさしぶりに、町山さんからお勧めじゃなくて、自分から「見てぇな」って思ってた映画を見てきました。

赤江珠緒:おお、いいじゃないですか。

山里亮太:『翔んで埼玉』っていうね。

赤江珠緒:ああ、はいはい。

山里亮太:今、話題の。

赤江珠緒:私も予告見て、「凄いな、この映画」って思いましたけど。

山里亮太:あれね、予告でさ、「もう面白い」ってなんか分かるじゃない。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:それが、ずっと最初から最後まで。

赤江珠緒:ああ、そう。

山里亮太:あの感じの面白さが、ずーっと2時間くらい詰まってる感じで。

赤江珠緒:あれ、埼玉を自虐的に捉えたコメディ映画ってことですよね。

山里亮太:そう、そう。埼玉とか千葉が、通行手形ないと東京に入れないっていう設定のお話。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび