南キャン・山里「世界一分かりやすい『AKB48総選挙』」

2010.06.12 (Sat)
2010年06月02日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、AKB48の次回シングル曲を歌う選抜メンバーを決める「総選挙」の開票イベントが行われ、昨年1位で中間発表でも1位だった前田敦子を中間発表で2位だった大島優子が開票当日に逆転して1位となったことについて語られていた。

「今日はみなさん、ちょいとばっかし語らせていただきたい」と山里は番組冒頭でいきなり語り出した。「まぁ、今日は私はグラグラと煮えたぎってますよ。語りたいことがありますからね。大波乱がありました。この流れで、鳩山首相辞任ってボケを挟みこめってことを池田プロデューサーに言われましたけど、そんなことは言いませんよ。AKB48総選挙に行ってきました」

「『AKB48選抜総選挙』、そのTシャツを着て今日もラジオをやっているんです。総選挙に行ってきて、色んなドラマがあったんですよ。AKB48に興味のない人にとっては、聴きたくないと思うけど、しょうがないでしょ。冷たいと思われるかもしれませんけどね」

「AKB48総選挙は、参院選より熱いんじゃないかってくらいですよ。AKB48っていうのは、『ポニーテールとシュシュ』とか『会いたかった』の子たちですよ。みなさんがテレビとかラジオとかで聴く音楽は、『選抜曲』ってジャンルなんですよ。AKBっていうたくさんいるメンバーの中で、その曲を歌える人が選抜されるんです」と話していた。

そこから、さらに山里は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論