タモリ「ナイナイ・岡村のウソのようなうつ病からの復活」

2013.12.15 (Sun)
2013年12月15日放送の「笑っていいとも増刊号」にて、11日放送の「笑っていいとも」のテレフォンショッキングの内容が伝えられていた。放送されていなかったCM中でのやりとりは、以下の様なものだった。

タモリ論
タモリ論 (新潮新書)

タモリ「岡村は復帰後、全然、また悪くようなこともなくて」

矢部「えぇ」

タモリ「だから、俺の出した結論は、ウソ

矢部「え?(笑)」

タモリ「病気して、あんなに完全に復帰した人、見たことないから」

矢部「ホントですよね(笑)」

タモリ「単に休みたいだけだったんじゃないかって」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

有吉弘行「笑っていいとも終了で楽しみなタモリさんの今後」

2013.10.28 (Mon)
2013年10月27日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、来年3月に終了する「笑っていいとも」について語られていた。

タモリ
タモリ

ダーリンハニー・吉川「いいとも、終わっちゃいますけども」

有吉「俺は裏番組の『ヒルナンデス!』出てますから。とはいえ、衝撃的でしたよ」

ダーリンハニー・吉川「出られたことあるんですもんね?」

有吉「猿岩石の時も、何年間かレギュラーやらせてもらってましたし(1997年4月 - 1998年9月)」

ダーリンハニー・吉川「はい」

有吉「1人になったときも、月一とか隔週でお世話になってましたし」

ダーリンハニー・吉川「はい」

有吉「テレフォンショッキングも、原口あきまさくんから紹介されて、夏川純を紹介するって流れもありましたし(笑)」

ダーリンハニー・吉川「えぇ」

有吉「まぁでもスゴイよね」

ダーリンハニー・長嶋「ビックリしましたね」

有吉「そりゃあさぁ、お昼の番組だから、普通観ないじゃん。主婦とか、家にいる学生とかは観るけど。あと、増刊号観たり」

ダーリンハニー・吉川「えぇ」

有吉「観てない人もいっぱいいるけど、寂しいじゃん」

ダーリンハニー・長嶋「そうですね」

有吉「常にそこにある気がしたからね」

ダーリンハニー・吉川「はい」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

ナイナイ・岡村「『いいとも』初回出演時、お花集めに奔走した思い出」

2013.10.25 (Fri)
2013年10月24日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、『笑っていいとも』終了宣言に伴い、初めて『笑っていいとも』に出演した際の思い出を語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.5
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.5 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 202)

岡村「衝撃のニュースでしたけども。いいともが来年の3月で終わる、という」

矢部「ねぇ」

岡村「めちゃイケ収録中に、大谷マネージャーから電話掛かってきて。『いいとも終了します』って」

矢部「みんなビックリしたね」

岡村「ビックリしましたね、何も知らなかったから。ヤフーニュースで知らされたんですけども」

矢部「フジテレビのスタッフも、ネットニュースで知ったんやて(笑)」

岡村「めちゃイケスタッフも知らんって」

矢部「なぁ」

岡村「こればっかりは終わって欲しくないなぁ…別に、タモさん週の内、1日だけでもエェんちゃうの?タモさんだけでなく、森田一義アワーでエェと思うねん。鶴瓶さんとか、中居くんとか、爆笑さんとか、さまぁ~ずさんとかで、埋まらへん?」

矢部「うん」

岡村「増刊号をタモさんが仕切ってやる、とか。そうしてくれへん?」

矢部「誰に言うてんの?(笑)」

岡村「お願いやの。僕ら今、レギュラーやないけど、いいともに出るステータス。レギュラーになったことで、国民に『タレントさんですよ』って認められる感じもあんのよね」

矢部「たしかに、認知されるのは大きいですよね」

岡村「テレフォンショッキングに呼ばれたときの『ヤッター!』って感じ。初めてテレフォンショッキングに呼ばれたのは衝撃やったし」

矢部「うん」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

爆笑問題・太田「タモリによる突然の『いいとも』終了宣言の舞台裏」

2013.10.23 (Wed)
2013年10月22日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、来年3月で終了するとタモリによって宣言された『笑っていいとも』について、爆笑問題・太田光が語っていた。

タモリ
タモリ

『笑っていいとも』終了宣言を知った瞬間

田中「ビックリしましたけどね。『笑っていいとも』が来年3月でおしまいっていうのが、生放送で発表になったってことで」

太田「うん。笑ってる場合ではないんですよ。ふざけんな」

田中「まぁ相当、波紋を呼んでますけども」

太田「ふざけんな」

田中「明日、太田さんがレギュラー放送で出演しますけども」

太田「驚いたとかじゃないんです。ムカついたんですよ。だって、しらないから」

田中「今日知ったんですよね」

太田「今日、NHKの探検バクモンで国会図書館に行ってたんですけどね。朝から」

田中「うん」

太田「それでダラダラやってさ」

田中「収録してたんですよ、普通に(笑)」

太田「NHKにまで噛み付くことはないか(笑)クタクタになって帰ってきまして。ロケバスでパソコンでネットニュース見たら、タモリさんの写真が出てて、『いいとも終わり』とか出てて」

田中「うん。毎年のように出てたからね」

太田「よく見たら、本番中に鶴瓶がきて、なんだかんだって。ちょっと待ってくれと。なんでネットで知らなきゃいけないのって」

田中「うん。ラジオ聴いてる人は、出演者、みんな知ってたのかなって思ってると思うんですけどね」

太田「誰も知らないんですよ」

田中「僕と太田さんは、少なくとも知らないんですよ」

太田「いいとものプロデューサーすら知らないんだから」

田中「いいとも終わるっていうのは、みなさんより僕らのほうが後に知ってたんじゃないですかね。いいとも観てた人は、知ってたかもしれないですけどね。そこに太田さんが腹立ってたんですかね」

太田「腹立ててるというかね…それは、タモリさんが決めたことだからいいですよ」

田中「うん(笑)」

太田「私は従います。でも、NHKの収録終わって、ずっと考えてたんですよ。そのことを。タモリさん、何なんだろうかと」

田中「うん」

太田「やっぱり息子の犯罪が問題だったかな、と」

田中「太田さん、人が違ってる(笑)誕生日は一緒だけども」

太田「違う?」

田中「なんか勘違いしてる」

太田「タモリさん、考えてることが分からない。それで、みんな『終わるんですか…ショック』って。そんなこと以前に、『出演者に言ってくれ』って思いましたね」

田中「うん」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田「高嶋政宏がいいともの客をドン引きさせたトーク」

2013.09.11 (Wed)
2013年09月10日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、高嶋政宏について語っていた。

高嶋兄
高嶋兄

太田「(リスナーメール『)昨年10月、弟・高嶋政伸と美元の関係について、記者から質問を受けたときにコスプレをしていた、アメリカのロックバンドは何?』」

田中「はっはっはっ(笑)KISSのコスプレしてたね(笑)

太田「うん、なんなんだろうな。あの人、ホント面白い人だね(笑)」

田中「泥沼離婚なんて言われてて。家族のあまり良くない、そういうことを噂されてるのを、笑いに変えたっていうのは、素晴らしいよね。高嶋政宏さん」

太田「政宏さんね、ちょっと前にいいとものテレフォンに来たんですよ」

田中「うん」

太田「それで、久しぶりに会って。テレフォンで話してるのと、CM中のも全部楽屋で観れるじゃないですか」

田中「うん」

太田「CM中に話してたんですけど、タイツあるじゃないですか。加圧みたいなの」

田中「あぁ、ギューって締め付けるのね」

太田「そう。それが良くてやってるって話をしてて。ただ、あまりやり過ぎも良くないんですよ、みたいな話をしてて」

田中「うん」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

有吉弘行「『タモリ降板後の笑っていいともに有吉を抜擢報道』を否定」

2013.07.29 (Mon)
2013年07月28日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、週刊大衆の「仰天 タモリ31年目の大憤怒!! 「いいとも降板」Xデーと後継者」という記事について語っていた。タモリ論 (新潮新書)

有吉「(リスナーメール)『仰天 タモリ31年目の大憤怒!! 「いいとも降板」Xデーと後継者、という見出しの記事が掲載されておりました』…要約すると、制作側の方針変更に、タモリさんがブチ切れて、出演をボイコットした回があった、と」

デンジャラス・ノッチ「ほぅ」

有吉「『タモリさんと制作側の方針が一致しないと、最悪、降板まであるようで』」

ノッチ「うん」

有吉「『後継者の名前が挙げられておりました。その後継者は、SMAP・中居正広、くりぃむしちゅー・上田晋也、有吉弘行が有力とされている』(笑)」

ノッチ「キター(笑)キタ、月~金の帯(笑)」

有吉「『有吉さんよ、25日のツイッターで、『タモリ論』を読んだとつぶやいてたな?週刊大衆の記事を読んで、真に受けてるんじゃないか?先週の番組で、"毎日朝の帯番組出来ないだろうな"とか言っておきながら、時期、昼メガネの座を狙ってんじゃないかよ』」

ノッチ「ふふ(笑)」

有吉「『我々、ゲスナーはいつも暇でテレビを見てるから、昼だろうが夜だろうが、あんたの番組を観るよ。有吉弘行アワー、楽しみにしてます』…って(笑)」

ノッチ「はっはっはっ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

爆笑問題・田中「指原莉乃が『笑っていいとも』で泣いたワケ」

2013.03.28 (Thu)
2013年03月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、HKT48・指原莉乃が『笑っていいとも』で泣いたワケについて語っていた。スキ! スキ! スキップ!  (Type-B)【封入特典:全国握手会参加券・ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種)】(初回プレス盤)

田中「サシコ、昨日いいともでさ。前にいいともの本番中に、サシコが泣き出したんだよ。それで『あれはなんだったんだ』ってなったことがあったわけ」

太田「昨日、見てましたよ。楽屋で」

田中「あぁ、見てた?」

太田「ヒッチコック(公開イベント)の楽屋で見てたんですよ」

田中「あぁ、はいはい。また泣いてたんですよ」

太田「うん、また泣いてるなって」

田中「『だんだん減らしまSHOW』ってコーナー、たまにやるんですよ」

太田「うん、やってましたね」

田中「たとえば、『春』ってテーマだったら、『この春、花見をした人』っていうと、それでお客さんがボタンを押して。だんだんとその人数を減らしていくっていうゲームなんだけど」

太田「うん」

田中「最後、0はダメで1人以上って感じでだんだん減らしていければOKなんだけど。そうすると、会場のみんなにアメが配られるっていうゲームなんだけど」

太田「うん」

田中「それを前回やったときに、サシコがもうプレッシャーに押し潰されて。『私が失敗して、会場のみんなが楽しみにしてたアメがもらえなかった』ってことですよ」

太田「博多に飛ばされるってことを経験してんのに、その程度で泣くなんてね(笑)」

田中「そう(笑)それで、質問しようすると、会場から『えぇ~』ってお客さんが声上げて。それがちょっと怖くて」

太田「いいとものお客さんは、ああいうノリですからね」

田中「ノリなんだけど、『えぇ~』って言われて」

太田「あれ、全部に言いますよ。特に、1人狙いのときとかね。それはそうですよ。ほとんどが『えぇ~』って思う答えなんだから」

田中「うん。それでプレッシャーを感じて。結局ダメで、『ごめんなさい』って言って、次のいいとも選手権みたいなので、あのときも泣いてたって時があったんですよ」

太田「うん」

田中「『なんだんだ、お前は』って話になって(笑)後説でも。『あれでそんな泣くのか』って(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・田中「正直過ぎる『笑っていいとも!』の客」

2013.01.23 (Wed)
2013年01月22日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、『笑っていいとも!』の観覧客について語られていた。
なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?
田中「昨日、いいともで香取慎吾くんがお休みだったんですよ」

太田「それ、大打撃だよな」

田中「俺らは水曜日に出てるじゃないですか。ジャニーズが居ない、SMAPが居ない日じゃないですか。ずっとね」

太田「僕がSMAPじゃないって前提で、そう言ってるんですね?」

田中「いや、明らかにそうだから(笑)」

太田「水曜日にはジャニーズが居ないとおっしゃる?」

田中「そうです(笑)」

太田「僕が暫定SMAPではないと?」

田中「暫定SMAPとか、ねぇから(笑)暫スマとか無いから(笑)」

太田「名誉SMAPです。爆笑問題のSMAPな方です」

田中「そんな二択無いから(笑)」

太田「SMAPの作詞をしてますから」

田中「分かったよ。爆笑問題のSMAPな方は、太田さんで良いですよ(笑)…僕らは、SMAPが居ない曜日で10年やってるじゃないですか。SMAPが居ない曜日での歓声って慣れてるじゃないですか」

太田「歓声はありますよ」

田中「当然、いいともだから歓声はありますよ。だけど、たまに俺らの日にもSMAPが出たりとか、僕らが別の曜日に出て、SMAPと一緒に出た時もあって。その時は、1つトーンが高いじゃないですか」

太田「たしかに、若いからね」

田中「そう。月曜日は、香取慎吾ちゃんが最初に出て、僕が2番目に出てきてって感じで出てくるんだけど。慎吾ちゃんが出たときは、それは歓声スゴイですよ。ただ、SMAPが居ない曜日も、ちゃんとワァ~ってなるじゃないですか」

太田「もちろんです」

田中「ところがですよ、僕が先頭で出たんですよ。香取慎吾、居ないんです」

太田「キツイそれ。地獄だ(笑)」

田中「そうでしょ?お客さんは知らないんですよ。香取慎吾くんが居ないの」

太田「拷問っていうか、罰ゲームだね(笑)」

田中「えぇ(笑)慎吾ちゃんお休みだって聞いて、俺が先頭じゃないですか」

太田「見たくもないし、聞きたくもないね」

田中「昨日観てたら、面白かったんだよ。タモリさんが『月曜レギュラー陣です!』って言って、みんな慎吾ちゃんが出るもんだって用意してるのに、そこに俺が出てきた時の反応(笑)」

太田「『えぇ?!』みたいな」

田中「いいとも始まって初めてだよ。無音で出て行ったの」

太田「ふふ(笑)『……』みたいな感じ?」

田中「『……』ですよ。『慎吾ちゃんは、こんな小さくねぇ』って思うんだろうね。みんな、時間掛かるんですよ、ある程度」

太田「把握するまでな」

田中「『あれ?爆笑問題の田中?』って思って、お客さんもみんな拍手しなきゃいけないっていうのがあるから」

太田「いいともの客は、ちゃんと仕込まれてるからな」

田中「うん。でも、最初は無音ですよ。それから、まばらな拍手があって(笑)」

太田「ふふ(笑)」

田中「もう、いたたまれないんだよ」

太田「どうすんの?」

田中「その後、千原ジュニアとか出てきて。『今日は順番違うのかな?』って思ったみたいね。ジュニアも、まばらな拍手で」

太田「はっはっはっ(笑)」

田中「渡辺直美が出て、指原莉乃が出て、それでもパチ…パチ…ってまばらなの」

太田「残酷なんだよな、笑っていいともの客(笑)」

田中「タモリさんが『今日、慎吾ちゃんはお休みです』って言った時、『えぇ~~~!』って」

太田「そりゃそうだよね。せっかく当たった月曜日だもんね」

田中「うん。ただ、お客さんは正直過ぎたね(笑)俺らみんなグッサグサに心を突かれたよ(笑)」

太田「それはちょっとなぁ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光が語る「テレビ視聴者のレベルが分からない」

2011.08.09 (Tue)
2011年08月08日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、笑っていいとものテレフォンショッキングにゲスト出演したことについて語っていた。

伊集院光「先週の金曜日に、笑っていいともの方に出してもらいまして。9年振りに、テレフォンショッキングに。6回目って言われたんですけど、過去6回を全然覚えてないんですよ。漠然と覚えてはいるんですけどね。大親友の片平なぎささんに渡したことは覚えてるんですけどね(笑)」

「スゴイ思うんですけどね、テレビを観ている人、僕を含めてテレビを観ている人ですよ。僕は、消えた画面をずーっと観てるんですけどね。ニコニコ笑って。たまに、『それは言い過ぎだよ!ベーブルース!』とかって言ってね(笑)テレビを観ている人って、昔以上に多種多様というか、色んな人がいると思うんですけどね」

「言い方、スゴイ微妙になるんですけど、笑っていいとものテレフォンショッキングって、どのくらいの感じで観てるんでしょうか。視聴率とかじゃなくて、アレはどういうものとして観ていますかってことが、全然分からなくて」

「チャリに乗ったのが、日曜日で、テレフォンショッキングに出た時もタモさんとチャリを乗ってるって話をしてるんです。『ちょっとずつ、チャリを乗ってるんです』って言って。だから、会う人が、出会ったオバちゃんとかが、『その自転車が、笑っていいともで言ってたヤツ?』とかって言うわけですよ。それは、『そうなんですよ』なんて言って。『どこに行くの?』って言われて、『三島に行こうと思うんです』なんて話をしてるんです」

「すると、オバサンがスゴイ近くに来て、耳元で、世の中の人間は気づいてないけど、私が察するに、私は勘の良い女だよって感じを出して、『あれ、中には友達じゃない人にも回してるんじゃないの?』って言われて。そんなワケないでしょ。全員、大親友しか回しませんよ(笑)僕は今まで、フリーアナウンサーの斎藤陽子さんとかにも回しましたけど、それは親友だからですよ(笑)」

「アイツが転校してきたときは、最初はいけ好かないヤツだと思いましたよ。でも、最終的には、崖で殴り合いをして、俺の最後のパンチをアイツが躱して、崖から落っこちそうなところを、アイツが手を掴んで助けてくれて。大の字になって寝ながら、『これから親友だぞ』なんて言って。草笛を吹きながら(笑)草に犬のウ○コが付いてて、口の周りをべっとりとさせながら。『あっはっは、伊集院さんおかしいや』なんて言いながら。そんな人じゃなきゃ、回しませんよ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

オードリー・若林「笑っていいともで大スベり」

2010.05.30 (Sun)
2010年05月29日放送の「オードリーのANN」にて、レギュラーである笑っていいともで、かなりの大スベリをしてしまったことを話していた。話の発端は、『いいともドラマアカデミー』でのコーナーで、若林が演じるハメになってしまったことだった。

「『いいともドラマアカデミー』ってコーナーは、テーマに沿った台本をもとに演技をして、最後に自分のセリフで決める、っていうことをしているんです。今回は取り調べの設定で、僕が刑事で、『吐け!吐かないと…』って言ったところで、太鼓の音が鳴って、一言を言うシーンになったんですよ」

「そこで『吐かないと…お前の家族がどうなっても良いのか!』って言ったら、スタジオアルタが無音になりまして。その後、『えぇーー!』って声が響き渡りまして。テレビのお仕事をさせていただけるようになりまして、ベスト3に入るくらいの大クラッシュでしたね」

「今もまだ、事故処理が終わっていない状況ですよ。後遺症が残っているような感じですね。ちょっと、そればっかりが気になって、その後の放送も気が気じゃなかったですよ」

「どうしたらいいのかなって思って。相手が敦ちゃん(オリエンタルラジオ・中田敦彦)だったから、『はんにゃを、このいいともに連れてくるぞ!』みたいなことを言おうかと思ったんだけど、俺が言うと生意気じゃない。お前が言うなよって話になっちゃうよね」

さらに、若林は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN