笑い飯・哲夫、『爆笑オンエアバトル』で玉の入ったバケツに靴を入れようとしてNHK職員に激怒された過去「何やってんだ!」

2017.07.20 (Thu)
2017年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・笑い飯の哲夫が、NHKの番組『爆笑オンエアバトル』で、玉の入ったバケツに靴を入れようとして、NHK職員に「何やってんだ、お前!」などと激怒された過去について語っていた。

笑い飯「ご飯」漫才コンプリート
笑い飯「ご飯」~漫才コンプリート~ [DVD]

山里亮太:僕も、『爆笑オンエアバトル』出させてもらってますけど、僕らも274くらいだったんですけど。

笑い飯・哲夫:うん。

山里亮太:あれですよね。玉3個くらいですよね(笑)

哲夫:いや、少なかったよ。俺ら、何回もオフエアーがあって。

山里亮太:はい。

哲夫:で、一回、とろサーモンと一緒に出た時に、分かるやんか、流れてきた玉の感じで、「どうせオンエアない」って。

山里亮太:はい。

哲夫:で、とろサーモンも、玉少なかって。最後に計量あるやん。

山里亮太:はい。

哲夫:バケツが、溜まりに置いてあって。NHKの職員おらんから、久保田とふざけて、「これ、封印って書いてるシール剥がして、中に靴入れといたろか。どうなんねやろ」みたいなんで(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

哲夫:そーっと、封印のシールを剥がし始めたときに、NHKの人が「何やってんだ、お前!」って(笑)

山里亮太:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

笑い飯・哲夫、酔ったノンスタ石田に「胸倉を掴まれて」絡まれた過去を暴露「笑い飯、千鳥とかばっか推されやがって!」

2017.07.20 (Thu)
2017年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・笑い飯の哲夫が、酔ったNON STYLE・石田明に「胸倉を掴まれて」絡まれた過去を暴露していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:ベースよしもとも、飯さん(笑い飯)とか、麒麟さんとか、千鳥、ダイアンがトップになったときに、支配人がむちゃくちゃ…女性の支配人なんですけど、むちゃくちゃこの4組が大好きで。「この4組が正義だな」って感じで、さらに(観客の)男子化を拍車かけましたもんね。

笑い飯・哲夫:ああ、そうやな。

山里亮太:「キャーキャーなネタなところには、打席与えねぇよ」みたいな感じで。

哲夫:そうやな(笑)

山里亮太:逆に、そんなに飯さんたちをヒールに仕立て上げなくてもいいだろっていう(笑)

西田幸治:そう。本当に、あの時代にNON STYLEが頑張ってくれててよかったと思う。

山里亮太:ふふ(笑)

西田幸治:一組だけ、女の子のお客さんを呼んでくれてたから。

山里亮太:たしかに、NON STYLEは凄かったですね。孤軍奮闘してましたね。

哲夫:うん、ようやってたよね。

山里亮太:NON STYLEっていうのは、テンポとお客さんに分かりやすい笑いで。それが悪ではないんですけど、その真逆をいくチームとの色合いで、石田がストレス尋常じゃなかったんですよ。

哲夫:そうやったなぁ(笑)

西田幸治:ふふ(笑)

山里亮太:ベースの花見の時の酒の飲まれ方。

哲夫:ああ。ブチギレしてたもんな、石田なぁ。

山里亮太:ブチギレしてましたもんね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、笑い飯・哲夫にいち早く「フレーズの宝庫」であるツッコミをイジられていた「『辞書』すなよ」

2017.07.20 (Thu)
2017年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、笑い飯・哲夫にいち早く「フレーズの宝庫」であるツッコミをイジられていたことを明かされていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

笑い飯・哲夫:(山里亮太の以前のコンビ)足軽エンペラーの時は、オーディションのライブがあって。

山里亮太:はい。

哲夫:それをずっと、袖でいつも見てて。

山里亮太:はい。

哲夫:山ちゃんが、足軽エンペラーでオーディション出て行く前に、「お前、前も『(西田)富男君のスーパーイリュージョン』って言ってたけど、今日はもう、スーパーイリュージョンって言うなよ、あれ」って(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

哲夫:毎回、「富男君のスーパーイリュージョンが」って。相方ね。

山里亮太:元相方、僕の。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、笑い飯に南キャン結成前のコンビをバカにされていたと明かす「足軽エンペラーのこと、めっちゃバカにしてる」

2017.07.20 (Thu)
2017年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、笑い飯に南海キャンディーズ結成前のコンビである足軽エンペラーを、バカにされていたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:僕が、飯さん(笑い飯)に拾ってもらったのも、本当になんかスゲェ些細なところでしたもん、たしか。

笑い飯・哲夫:ええ…最初?なんやろう。

山里亮太:バッファロー吾郎さんの「ねずみ小僧」を梅田コマでやったじゃないですか。

哲夫:うん、やった。

山里亮太:そこまでは、たしか飯さんたち、ワッハのレッスンルームで。飯さんたちが主催で、インディーズのライブやってらっしゃったじゃないですか。

哲夫:あ、そうそう。

山里亮太:その時に、飯さんと千鳥さんが僕のことを、『ガチンコ』に出てたから、「足軽エンペラー」でめちゃくちゃイジってるっていう。

哲夫:そう、そう。

山里亮太:僕、それでドキドキしてたんですよ。飯さんと千鳥さんが、先輩たちから認められてるヤバイ奴らがいて。そのヤバイ奴らが、「足軽エンペラーのこと、めっちゃバカにしてるぞ」って(笑)

西田幸治:はっはっはっ(笑)

哲夫:いやいや、リスペクト、それは(笑)

山里亮太:してませんよ(笑)インディーズのライブ「魚群」見たときに、誰かがスベったときに、「足軽エンペラーみたいやないか」って言ってて。

西田幸治:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、千鳥・笑い飯の破天荒過ぎる若手芸人時代の行動を明かす「オーディション直前に社員たちの前で酒盛り」

2016.06.23 (Thu)
2016年6月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズ・山里亮太が、お笑いコンビ・千鳥、笑い飯が若手芸人時代、オーディション直前に行っていた行動に驚いたと語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る


山里亮太:今週末、福岡の方で私、『山里亮太の140』ってライブをやらせてもらいまして。これが本当に楽しくてね。

多幸感、「う~わ、幸せ」って、口に出して何回も言っちゃうくらい幸せだったの。ライブは盛り上がって、お客さんもたくさん入ってもらって、2回公演、両方とも満員で入ってもらって。

温かいお客さんでね。いつも「魔法にかかってください」っていうルールも、みんな守ってくれて。もうイヤなことも一つもなく、楽しくライブやって。

その日は、イムズホールって福岡のホールだったんだけど、僕が1部を12時からやって、次に3時半から。2時間、2時間やってね、4時間ライブをやってたんだけど。

さらにその後、7時からは、また別のライブが入ったんだけど、それが千鳥さん、笑い飯さんの大喜利ライブ全国ツアー。しかも、ゲストが麒麟さんっていう、メンバーで。

2公演目の最後に仕掛けがあって。また違ったタイプの1人語りを聴いていただくって言うゾーンが最後の方にあって。その時に、「今、後ろにあの人たちがいるんだ」っていう緊張から、走っちゃったりする感じがあって。背中に感じるだけでも緊張を覚えるような先輩であり、かつ昔からの同士というか。

自分のライブが終わって、挨拶させてもらって。「おう、やっとんのぉ」って大悟さんから言ってもらったりとかして。

「先に打ち上げに行ってますね」「おう、ワシらもライブ終わったら、どっかで合流しようや」「はい、ありがとうございます」って。僕が最初の打ち上げ会場に行くわけです。その博多駅前の店が、まぁ美味い店なの。鮭明太っていう、米に合うアイテムを売ってるっていうお店でね、出てくるもの、出てくるものめちゃめちゃ美味いし。そこでも酒を、浴びるように飲むわけ。

お気づきの通り、前々日のこと、もうリセットされてます、ライブがウケたんで(笑)「もう飲まない」って言ってた人間ですけど、2日後に、生、ハイボール、残波、残波、残波、黒霧、みたいにゴリゴリ飲んで。

また、福岡の美味しい魚とか出てきて、みんなで写真撮ってね。ライブのここがどうだったとか、次のライブね、広島でやるから、「今度、広島ではこんなこと試そうよ」なんてやりながら。

本当に、思い出せばニコニコしかできないような。それで酒飲んで。僕らがひとしきり美味しいもの食べ終わって、くらいにガラガラって開いて。そこに、アベンジャーズが来た、みたいな感じよ、俺からすれば。

お笑いの天才の集まりだから。もうスローに見えたもんね。『アルマゲドン』の最後のシーンみたいに、笑い飯さんを先頭に、両サイドに麒麟さんと千鳥さんがいて。福岡の芸人さんのどんぴしゃさんもいて。

それで、隣の席に入ってくわけ。「僕ら、先に行きますけど」って挨拶させてもらって。「また、俺らも屋台行くから、どっか先に屋台行っておいてくれや」って。それで、まずは140チームで飲んでてさ。

屋台ならではの人とのふれあいが楽しくて。それで、「いや、最高だな」って。そうしてたら、ものの2時間くらいして、その屋台に来るわけですよ。エアロスミス聴こえたもんね。「よう!」って言ってタクシーから降りてきて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

ウーマン村本、笑い飯・哲夫が番組で活躍の場の無い時に見せた行動を賞賛「CM中に漫談を披露」

2015.01.03 (Sat)
2015年1月1日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0』(毎週木 27:00 - 29:00)にて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、テレビ東京の番組『明けまして、ざっくり ハイタッチです!4時間も?生放送スペシャル』で、活躍の場がなかった笑い飯・哲夫が、CM中に漫談を披露し、爆笑をとっていた格好良さについて語っていた。

ウーマンラッシュアワード2010


村本大輔:『明けまして、ざっくり ハイタッチです!4時間も?生放送スペシャル』があって。4時間の生放送で、ジュニアさん、小籔さん、サバンナさん、フットボールアワーさんとか出てらっしゃって。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:その他大勢芸人が、ガヤでいっぱいいるわけですよね。

中川パラダイス:はい。

村本大輔:ロバートさんとか、僕らも出てて、ジャルジャルとか。

中川パラダイス:若手で、デニスとかね。

村本大輔:パンサーとかいっぱいいる中で、笑い飯さんも出てて。笑い飯さんは、大阪から呼ばれてて。コーナーが3つくらいあるんですね。いかんせん人数も多いから、全員がヒューチャーされるコーナーはないわけですよ。

中川パラダイス:うん、うん。

村本大輔:どうしても、番組の方も「こいつやったらイケるんじゃないか」って人をチョイスして振られるわけ。そのメンバーが、結構、安定の人たち。

中川パラダイス:定番のね。

村本大輔:若手の、「コイツ、どうなんやろ」ってヤツは、呼ばれない。生放送だからそうなんですけど。僕も呼んでもらったりしたんですけど、結果出せず。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:結構、フラストレーション溜まりながら、どっかで挽回したいなってずっと思いながら。それで最後に、トーク。10人で1時間回すっていうのがあるんです。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:10人が1人、フリーで5分なり10分なり喋っていって、次の人がステージに出てきて、喋って。またハケたら、新しい人が出てきてっていうので、10人で繋いで、1時間ちょうどで終わらせるっていう。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:前回、最後にジュニアさんがやって、1時間ちょうどでドーンって笑わせて番組が終わるっていう。その回してる最中に、CMが2回くらいある。メンバーを『ざっくりハイタッチ』のプロデューサーの方が、「この方でいきます」って選んだ人を、放送中に出すわけ。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:幕を開けたら、名前が書いてあるわけ。凄いメンバーやなって思って。僕は正直、『大演説』って単独ライブで1人で90分喋って、全国回ってるし。漫談なんかもやってるし、正直、僕は選ばれるってどっかで思ってて。

中川パラダイス:なるほど。

村本大輔:絶対にイケるって自信があって。俺を冒険として呼んで欲しかったなって寂しさがあって。

中川パラダイス:ああ、はいはい。

村本大輔:いっちょ噛みしたいなって気持ちで。でも、名前入ってなくてショックで。「このまま終わるんか、悔しいな」って思ってたんですよ。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:それで呼ばれた時に、みんな嫌がるテイなんですよ。「マジか、勘弁してよ、誰か代わってくれよ、無理無理」って。でも、そこである一人だけ、その空気の中、「僕にやらせてください」って。それが、笑い飯の哲夫さんだったんですよ。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:哲夫さんの言い分は、「僕、良いところ一個もなかった。一回も喋ってない。4時間の生放送」って。ピックアップされへんかった、悔しいでしょうね。「このままやったら、大阪から新幹線に乗ってきて、お笑い見て帰るだけや」と。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:「正直、散髪もしてきた」と。気合入れてきて、年越し一発目。「僕に喋らしてください、イヤやったら」って。

中川パラダイス:うん。

村本大輔:そこで、「ブレるわ。嫌がるテイでやってんねん」って、ちょっとツッコまれてあしらわれて。プロデューサーが決めてるし、安定のメンバーで。「このメンバーでやります」と。

中川パラダイス:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン

ウーマン村本、『24時間テレビ』笑い飯・哲夫の坂上忍批判に「"愛は地球を救う"で一番愛のない瞬間」

2014.09.05 (Fri)
2014年9月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0』(毎週木 27:00 - 29:00)にて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、30日に放送された日本テレビ系の番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(以下、『24時間テレビ』)での笑い飯・哲夫による俳優・坂上忍批判について語っていた。

偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方


『24時間テレビ』の「朝まで生しゃべくり007」コーナーに出演した哲夫は、「俳優のくせにバラエティ番組に出過ぎ」「バラエティ番組に出たい芸人はたくさんいる」などと坂上を批判。これに対し坂上は、「それは俺批判というより、番組制作批判をしているわけ?」と応じた。

哲夫の発言は、第49回上方漫才大賞の授賞式で、哲夫が「最近テレビ出過ぎでしょ」などと発言したことに端を発する。その流れで、再び坂上を批判したわけであるが、芸人同士でもなかったため、盛り上がりのあるやりとりもなく、冷ややかな空気が流れ、くりぃむしちゅー・上田晋也などもフォローすることができなかった。

生放送中ということもあり、そのままオンエアされてしまい、ネットを中心として「放送事故か」などといった感想があり、話題となった。

今回、村本は『ナインティナインのオールナイトニッポン』終了にともない、最後にやってもらいたい企画がある、と提案。「最終回、もし良かったら、笑い飯の哲夫さんと坂上忍さん、ケンカさせません?」と、この件について触れた。

さらに、「イヤな空気のまま20年の歴史を終わるっていう(笑)…愛は地球を救うで、あの瞬間は一番、愛がなかったですよね」と、番組名に引っ掛けてオチをつけていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン

小籔千豊、笑い飯が語る「twitterの鬱陶しい風習」

2011.09.04 (Sun)
2011年09月03日放送の「真夜中の豪傑トーク」にて、twitterでの鬱陶しい風習について語っていた。

西田「リスナーからのメールです。『最近のもうえぇ、という話ですが、私はtwitterをしており、そこでよく見かける"今日、私の誕生日なんですが、お祝いに一言ください"というツイートを見る度に、もうえぇ、もうえぇと思ってしまいます』」

小藪「うん、うん」

西田「『今では芸人さんが、"誕生日の一言ください禁止"とツイートしたりしていますが、それに対して、"なんでダメなんですか。理由を教えてください"とくってかかったりして、ホンマにえぇからと思ってしまいます。みなさんのところには、そういったツイートは来ますか?また、それをみなさんは返信しますか?それともスルーしますか?』」

小藪「なるほど。最近はスルーですけども。最初の頃は『知らん』って打ったら、これは一応、ツッコミながら返したつもりだったんですよ。僕からしたら、サービスというか、おめでとうが最高かもしれませんけど、無視よりは良いかな、と」

哲夫「なるほど」

小藪「『知らん』って書き込んだら、『知らんとは何事か。この子にとっては記念日やのに』って」

哲夫「他のヤツが?」

小藪「それやったら、僕、一生ね、毎日誰かにおめでとうっていわなかんのか、と。『おめでとう、おめでとう』って打ち続けなければダメなのか、と」

哲夫「はい」

小藪「そしたら、『そうや』と。『お前は何で飯を食うてると思てんねん』って言われて。いやいや。僕はtwitterで飯を食ってるワケやないから。新喜劇の舞台で飯を食うてるんやと」

哲夫「えぇ」

小藪「『お前はファンを大事にしてへん』とかって色々、集中砲火ですよね」

哲夫「えぇ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  真夜中の豪傑トーク