伊集院光、「深夜放送で怪談話をすると番組がすぐ終わる」というジンクスを語る「その伝説を作ったのが『稲川淳二のANN』」

2018.07.05 (Thu)
2018年7月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:稲川さんのスタンスはどういう感じなのかな。あの人は、エンターテインメントもわかってるし、いろんな考え方あるんで。怪談、どんな感じですかっていうの、ちょっと聴きたいなぁって思っております。

安田美香:はい。

伊集院光:ちなみに、ラジオの深夜放送で怖い話をやると、深夜放送すぐ打ち切りになるっていう伝説があるんです。

安田美香:へぇ。

伊集院光:これは、別にオカルトでもなんでもなくて。

安田美香:はい。

伊集院光:夜、一人で聴く深夜放送。暗い時の深夜放送に、本気で怖いやつやると、聴きたくないっていう、みんな(笑)

安田美香:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘「全く別物だから」

2018.07.05 (Thu)
2018年7月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今日のゲストですが、タレントで「怪談家の」っていう。

安田美香:怪談家。

伊集院光:怪談家の稲川淳二さんです。

安田美香:はい。

伊集院光:まぁ怪談のレパートリーは、どれぐらいなんだろう。

安田美香:ええ。

伊集院光:なんかね、怪談って、いろんなポジションが僕あると思ってて。で、「本当に霊が視えますよ、体験しましたよ」っていう人が、リポートとして体験談を話すっていうスタイルの怪談と。

安田美香:はい。

伊集院光:僕、怪談話すのも好きだし、作るのも大好きなんです。

安田美香:ああ、落語にもありますよね、怪談ね。

伊集院光:いっぱいある。でも、お化けとかを全く信じてないです。

安田美香:え?

伊集院光:全く信じてないんだけど、「こういうお話はゾクッとするんだ」っていうストーリーが好きなんです。

安田美香:ああ。

伊集院光:でもね、こういうのをテレビとかでやると、「伊集院さん、霊感あるんですか?」みたいな話に必ずなる。

安田美香:ああ、たしかにちょっと一致させたくなっちゃいますね。

伊集院光:それが鬱陶しい。

安田美香:はっはっはっ(笑)別物なんですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

爆笑問題・田中、稲川淳二が「夏」以外にどう過ごしているのかを追った『情熱大陸』に驚く「日本中のお寺とかを回る」

2017.07.12 (Wed)
2017年7月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、タレント・稲川淳二が活動期である「夏」以外に、どう過ごしているのかを取材した、TBS系の番組『情熱大陸』の放送内容について語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:(稲川淳二の怪談は)実話なんでしょ?一応。

田中裕二:実話っていうか、「このお寺には、こういう言い伝えがある」っていうことから、自分でアレンジして。自分の経験とか。自分が思ったこととか。

太田光:ああ…それは作っちゃうの?(笑)

田中裕二:それは作っちゃうっていうか…(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:あの人は、だって夏じゃん、活動するのは。

太田光:うん。

田中裕二:それ以外の、秋から冬とか、春とかは…

太田光:冬眠してんの?あの人は。

田中裕二:違うの。日本中のお寺とかを回ってるわけ。凄いんだよ。

太田光:凄いなぁ。

田中裕二:「昔、人がたくさん命を落とした場所が、今、こうなってる」とか。

太田光:「ヤダなぁ、ヤダなぁ」って(笑)

田中裕二:そういうところ、「ヤダなぁ、ヤダなぁ」って言いながら。

太田光:イヤじゃないじゃない(笑)

田中裕二:イヤじゃないんだよ、自分から行ってるんだから。

太田光:「ヤダなぁ、ヤダなぁ」って(笑)お前、ちっともイヤがってないじゃないかって(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、稲川淳二が『情熱大陸』で怪談を創作していることを隠さないことに疑問「『考えて』っつちゃって」

2017.07.12 (Wed)
2017年7月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、タレント・稲川淳二がTBS系の番組『情熱大陸』に出演した際、怪談を創作していることを隠さないことに疑問を呈していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:稲川(淳二)さんも、『情熱大陸』やってたね、この間(笑)

太田光:ああ、みたいね。

田中裕二:観た?

太田光:観てはいないんだけど、噂は聞いたね。

田中裕二:そう、そう。やってんだよ。

太田光:高田(文夫)先生の『ビバリー』で言ってた。

田中裕二:ああ、言ってた?俺、観たけどね、凄いね、あの人はね(笑)

太田光:うん。

田中裕二:あの人、夏のこれにかけてさ。とにかく、ものすごい努力してるわけよ。

太田光:相当凄いんだよな。構成とかがな。

田中裕二:そう。それを、とにかくファイルに。ノートに怖いフレーズみたいなのとか、それをブワーッて書いてて。しかも、字がめちゃくちゃ綺麗に、丁寧に書いてるの。

太田光:あの人、デザインの人だから、元々。

田中裕二:活字みたいな字を書いてるわけ。直筆で。

太田光:うん。

田中裕二:それをノートにブワーッてファイルしてあって。

太田光:うん。

田中裕二:それを、ブロックみたいに組み合わせるっていうの。要は、一つの話を、ストーリーを考えてやるとかっていうよりも…

太田光:「考えて」っつちゃって(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、CR「稲川淳二」にハマるも一回も当たらず「菊人形が出てきて…バチ当たるんじゃないか」

2014.11.05 (Wed)
2014年11月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、CR「稲川淳二」にハマり、6時間ほど打っていたことを明かしていた。

MYSTERY NIGHT TOUR 2013 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤
MYSTERY NIGHT TOUR 2013 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤 [DVD]

太田光:久しぶりにパチンコを打ちに行きまして。夕方くらいから閉店くらいまでいたんですけど。

田中裕二:はい。

太田光:CR「稲川淳二」っていう(笑)


田中裕二:え?「稲川淳二」ってあるの?怖い話?(笑)

太田光:「いやだなぁ」とかって言って出てくるんですよ、稲川さんが(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「イヤ~な雰囲気がしますね」って言うんですよ。

田中裕二:どういうこと?(笑)

太田光:良いことなんだけどね。予告だから。

田中裕二:なるほど。

太田光:「なんか変じゃないですかぁ?」って。スーパーリーチになると、「これは、3年前に経験した話なんですが…」って語りが入るんだけど(笑)

田中裕二:何なの、それ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

稲川淳二が明かす、誰でも怪談話が上手くなる3つのコツ「擬音、早口、複数の聞き手」

2014.08.19 (Tue)
2014年8月17日放送の日本テレビ系の番組『所さんの目がテン!』にて、「怪談」が特集されていた。そこで、怪談話で知られるタレントの稲川淳二が登場し、怪談話を盛り上げる3つのコツについて明かしていた。

稲川淳二の超こわい話 特別怪演
稲川淳二の超こわい話 特別怪演 [DVD]

怪談には、恐怖を演出する数々のテクニックが秘められているという。そのテクニックとは、以下の3つであるそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

爆笑問題「稲川淳二のダマされた話」

2010.02.21 (Sun)
2010年02月16日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、稲川淳二がゲスト出演していた。稲川は「私は、ダマシの番組をよくやってたんですよ。ドッキリで、よくダマされたの。人間って不思議なもので、『アンタ、よくダマされるね』って言われている人に騙されたんだから」と話し始めた。

お金を返してもらえない

「(よくダマされる、と言われたヤツ)そいつは、私のお金を200万円持って、ハワイに行っちゃったんだから。本当にダマされたの。『淳ちゃん、その内、返すからね』って電話を寄越したけど、返さないからね」

「人間って、自分の良いように、良いように解釈するんだよね。自分に都合の悪いことは、『ありえない』って思っているからね。俺は、スゴイ詐欺にいっぱいあってるんですよ。イヤになっちゃうんだよ」

「そいつは今、六本木にいるんですよ。俺に寿司をオゴって、その寿司屋のオヤジから1,200万円踏み倒しているんですから。みんなからお金を借りて踏み倒しているんだけど、俺が訴えると、(貸しているの)200万円だから、寿司屋のオヤジに悪いじゃない。そんな感じで、みんな訴えないのよ。でも、そいつは裕福そうな暮らしで、良い車乗っているのよ」

アメリカでの出来事

「不思議だなって思ったことがあったんだけどね…私がアメリカに行った時の話なんですけど、車上荒らしに遭ったんですよ。でも、何も盗られていない。というのも、車に何も置いてなかったんですよね」

「それで、警察に電話をして来てもらったんだけど、その時に『器物破損です』って言っちゃったの。ポリスマンは『俺だったら、2万円でもとられている方が良かったな』って言ってたよ。というのも、窃盗じゃなければ、本気で動こうとしないんだよね。その時に500円でもとられていればよかったんだけどさ」

「結局、修理に42万円も掛かったんですよ。…日本でも、車上荒らしに遭っているんですよ。その時は、20何万円もとられているんです」

さらに、以下のような話をしていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題 「稲川淳二の怪談に、笑いを堪えていた」

2009.07.29 (Wed)
稲川淳二の実体験怪談異演『ホントに恐いから聞かないで』2009年07月28日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、稲川淳二の怪談話をサンデージャポンで聴いた爆笑問題の太田光・田中裕二が、実は二人とも笑いを堪えていた、と話していた。

まず、太田は稲川淳二の怪談について「本当に上達した。名人芸だよね」と評していた。「落語だよね、完全に。長年やってるから、もう落語家並に上手くなってるんだよ。間の取り方とか、名人の域に達している」

「でもね、もう上手いとは思うんだけど、怖くはない。中身はよく覚えてないんだよね。ありきたりの話(怪談)だし」と太田は話していた。

このことに関して、田中は「この前、稲川さんの怪談を聴いているとき、本当に笑いそうになったことがあってさ」と以下のように話し始めた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ