チュート徳井、真島昌利がスピードワゴン小沢に誤ってビールをかけられるも微動だにせず「乾くから大丈夫だよ」と言ったと明かす

2019.06.12 (Wed)
2019年6月8日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、真島昌利がスピードワゴン小沢に誤ってビールをかけられるも、微動だにせず「乾くから大丈夫だよ」と言ったと明かしていた。



福田充徳:マーシーさんと小沢さんで、1対1ってことはないよな?

徳井義実:いや、後輩おってん。4人ぐらいで飲んでたみたいやねん。

福田充徳:うん。

徳井義実:で、とりあえず、前半戦は一緒に行った後輩曰く「100点でした」と。

福田充徳:小沢さんが?

徳井義実:小沢の危惧していた。小沢がどうにかなっちゃって暴走しだす、みたいなことはなかった。

福田充徳:おお、よかったやん。

徳井義実:100点満点、程よい感じでどんだけ愛してるかっていうのを伝えて、楽しく飲めてました、と。

福田充徳:はい、はい。

徳井義実:ただ、マーシーさん、大体12時過ぎたぐらいでいつも帰らはんねんって。

福田充徳:うん。

徳井義実:でも、その時やっぱり楽しんでくれはったのか、結構、朝方まで。

福田充徳:ええ?!めっちゃエエやん。凄いやん、大正解やんか、小沢さんの対応が。

徳井義実:でな、もう朝方まで飲んでて。でもう、オザも楽しく、嬉しくなって。「このバンドはどう思いますか?」とか、「僕はこの曲が好きなんですけど」とか、色々音楽の話いっぱいしてんて。

福田充徳:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル

スピードワゴン小沢、雑誌の取材でブルーハーツ真島昌利を「マーシー」と呼んで話していたことを「田代まさし」と書かれてしまった過去

2019.01.09 (Wed)
2019年1月8日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、雑誌の取材でブルーハーツ真島昌利を「マーシー」と呼んで話していたことを、「田代まさし」と書かれてしまった過去について語っていた。

宮迫博之:何の思い出があるの?

小沢一敬:これは、THE BLUE HEARTSっていうバンドのデビューアルバムの一曲目なんですけど、『未来は僕らの手の中』って。

THE BLUE HEARTS


宮迫博之:ああ、好き好き。

小沢一敬:中学2年の時に、ブルーハーツがデビューアルバム出すんですけど。あんまり学校も行かなかったりで、家でプラプラしてたら。

宮迫博之:家でプラプラ?

小沢一敬:ドラクエやってたのかな。そしたら同級生が家に遊びに来て、「すげぇバンドいんだよ」って。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:カセットテープを置いて帰ったのよ。

宮迫博之:ほう、ほう。

小沢一敬:ブルーハーツみたいなジャンルの音楽を聴いたことなくて。「こんなバンドいるんだ」って思って、本当に家の中で「ワーッ!」って叫んだんですよ、僕。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:凄いの見ちゃったって。

宮迫博之:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

伊集院光、甲本ヒロト・真島昌利に「ラジオ聴いてます」と言われて感激「そんな嬉しいことないじゃん」

2016.11.08 (Tue)
2016年11月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト、真島昌利を同局のラジオ番組『伊集院光とらじおと』に招き、「ラジオを聴いてます」と言われ、感激したと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:先週の放送明けて火曜、オンエアが水曜か。先週の火曜日、火曜日がさ、朝のラジオ終わって、その後、録音で水曜分の録音で。クロマニヨンズのゲスト録りって。

甲本ヒロト、マーシー(真島昌利)、2人組みが来てさ。それもオシッコ漏らすくらい嬉しいんだけどさ。そしたら、その中でさ、ヒロトさんが「ラジオ聴いてます」と。スゲェなって思ったのが、「この深夜のラジオも聴いてます」って。

「ホントっすか?」っていう感じの。社交辞令を言うような人じゃないのは分かってるけど、「ホントっすか?」っていう。

「知ってますよ、色々。毎年、お誕生日に、上海蟹を食べに行ったり」みたいな。本当に聴いてないと分かんないよってことも知ってて。

CM入るところ、トークブレイクしてる間も、「今年はどうすんの?」みたいな。「お誕生日、結婚記念日、上海蟹どうすんの?」って話をしてたりとか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

千原ジュニア、ザ・クロマニヨンズ真島昌利の書いた好きな歌詞「バカは不幸が好きなんだ」

2014.07.30 (Wed)
2014年7月29日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、好きな歌詞についての話で、ロックバンドのザ・クロマニヨンズ 真島昌利が書いた歌詞を挙げていた。

ロブスター
ロブスター

THE HIGH-LOWS時代の『コインランドリー』の一節で、「わかったことが一つだけある バカは不幸が好きなんだ」というフレーズが好きなのだという。「これを言い切るロックスター感」というところにジュニアは惹かれるそうだ。

「自身を不幸だ、不幸だと思い込む人は愚かである」という意味でも読めるし、「戦争のように自身の私利私欲のために他人の不幸を作り出す人は愚かである」とも読める。その短い言葉だからこそ、様々な思いをそこに読み取ることができ、そこの深さを感じるのかも知れない。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!