おぎやはぎ小木、『爆笑オンエアバトル』でルート33は客ウケは良いが「芸人は誰も笑っていなかった」と暴露「スゲェつまんねぇのに…」

2019.02.01 (Fri)
2019年1月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、『爆笑オンエアバトル』で、ルート33は客ウケは良いが「芸人は誰も笑っていなかった」と暴露していた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:やっぱウケてたら通るよな。

小木博明:うん。

矢作兼:ってことは、キートンがウケてるっていうのは怪しいってこと?

小木博明:怪しいんじゃない。俺はキートン見てないし、全く分かんないんだけど。今までも俺らやってきて、賞レースとか出てきてるけど。決勝に残ってるのもおかしいやついるじゃん。たしかに、客からはウケてんだよ。

矢作兼:うん。

小木博明:客からはすげぇウケてんだけど、全然面白くねぇ奴いるじゃん。

矢作兼:うん、いる。

小木博明:ああいうことじゃない?もう、どうしょうもないこと言ってんのに。すげぇつまんねぇのに、超ウケる奴いんじゃん。

矢作兼:まぁ、いる。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ矢作が語る、民放でNGだったネタをやらせてくれた『爆笑オンエアバトル』ディレクター

2014.03.07 (Fri)
2014年03月06日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、放送終了となるNHK総合の番組『爆笑オンエアバトル』について語っていた。

『爆笑オンエアバトル』は、3月15日深夜に『オンバト最終章 チャンピオン大会直前 15年間ありがとうスペシャル』(NHK総合)が放送される。その番組のディレクターだった、岡澤正樹について、矢作は語っていた。

爆笑オンエアバトル おぎやはぎ
爆笑オンエアバトル おぎやはぎ [DVD]

矢作:『オンバト』懐かしいなぁ。

小木:一年くらい前は、たまにやってるの観てたけどね。やってたんだね。誰が出てた?

矢作:人力舎の若手も出てたろうし。…良いシステムだったね。それで15年間くらいやってたんだから。

小木:そうだね。なんで、最近はそんな話題になってなかったんだろうね?だいたい、『オンバト』でチャンピオンになれば、なんかしら仕事も入ってきてたよね。

矢作:そう?

小木:今は他の番組でも、色々、民放がやってるからか。

矢作:当時は、『オンバト』くらいしかなかったからね。そこから、『レッドカーペット』とか、『エンタの神様』とか出来たから、そっちになったんだね。

小木:当時思い出すと、「今日は、アンジャッシュが、チャンピオン大会にいってるんだよ」とか、結果を早く知りたいみたいな電話をしてさ。マネージャーに訊いたりしてたじゃん。そんな時代があったのよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

チュート徳井、オンバトの自称・お笑い評論家を批判「エセ評論家のせいでおかしくなった」

2014.02.16 (Sun)
2014年02月15日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、NHK総合テレビ系で放送されている『爆笑オンエアバトル』が放送終了することについて、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(以下、徳井)が、『爆笑オンエアバトル』の評価の問題点について語っていた。

チュートリアリズムIV+ASIA
チュートリアリズムIV+ASIA [DVD]

徳井:アンジャッシュさんから下の芸人は、みんな『オンエアバトル』通ってきてるかな。

福田充徳(以下、福田):アンジャッシュさんも、『オンバト』で有名になったところも。あと、ユリオカ超特急さんとか。強かったイメージあるわ。

徳井:あと、スマイリーキクチさんとかね。オンバト1期生みたいな感じやな。

福田:あと、パペットマペット。今はもう島田くんだけやけど、号泣ね。

徳井:テツトモさんもそうやね?

福田:申し子やな。

徳井:最近は、もう毎週じゃないよね。

福田:たまに夜中にやってるって印象やな。

徳井:どの辺りか、お客さんが変なエセお笑い評論家みたいになって鬱陶しかったな。

福田:正直、嫌いやったな。

徳井:なぁ。

福田:出る方としてはね。

徳井:ねぇ。変な客やったで。

福田:普通に、オモロかったら、笑ったらエェやん。玉入るか入らへんかはさておき、ウケてたらまぁ良いかってところあるから。笑ってないのに、玉を入れる、みたいなこともあって。何なん、コレ?みたいな。

徳井:「今の、良いね」みたいな。

福田:苦手やったわぁ。

徳井:段々、一部の人しか評価せぇへん、みたいになってきたからな。

福田:そう。オンバトレギュラーメンバーしか通らへん、みたいな。それは勝手に、俺らがそう思ってただけどな。

徳井:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル

おぎやはぎが語る「お笑いブームの終焉」

2010.01.07 (Thu)
2010年01月05日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、お笑いブームについて語られていた。話の発端は、矢作が「お笑いブームがいつから?」と疑問を呈したことだった。

「歴史みたいな年表で考えると、いつから始まったんだろうね。正確には、何年の頃なんだろうか。『エンタの神様』(2003年4月19日放送開始)が始まった頃かな」と話していた。これに小木は「『エンタの神様』は、地方でも人気が凄かったよね」と賛同していた。

矢作はさらに、「でも、土台を作ったのは。『爆笑オンエアバトル』(1999年3月27日放送開始)だよね。野球の阪神で言えば、野村監督が入って、星野監督で花開いた感じだよね。だから、土台を作ったのが『爆笑オンエアバトル』、人気を加速させたのが『エンタの神様』って気がするね」と話していた。

さらに、お笑いブームに関して、以下のようなことを話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき