爆笑問題・太田、『ひよっこ』で沢村一樹がいかにも記憶喪失のような演技をしたことに疑問「あの芝居にしなかった方が…」

2017.05.24 (Wed)
2017年5月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、谷田部実を演じる俳優・沢村一樹がいかにも記憶喪失のような演技をしたことに疑問を呈しており、「あの芝居にしなかった方が良かった」などと語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:『ひよっこ』で、エ口い俳優が久しぶりに出てきたからね。

田中裕二:沢村一樹さん?

太田光:蒸発していなくなってたのが。

田中裕二:冒頭でね、いなくなっちゃったでしょ?

太田光:冒頭じゃないよ。2週目だよ。

田中裕二:冒頭でいいじゃねぇかよ(笑)

太田光:冒頭でいなくなったら、それが始まりになっちゃうから。

田中裕二:分かった、2週目ね。

太田光:2週目か、3週目くらいだったと思う、いなくなったの。

田中裕二:うん。

太田光:で、久々にワンシーンだけ出たんだよ。浅草かなんかの街を歩ってるっていう。

田中裕二:浅草?

太田光:それがさ、いかに…セリフも何もなく歩いてるの。「あ、記憶喪失だな」って感じなんだよ。

田中裕二:あ、お芝居が?

太田光:もし、間違ってたら悪いけど、あれはあの芝居にしなかった方が良かったなって思うんだよ。あれ、完全に記憶喪失の芝居だったから(笑)

田中裕二:いやいや、分かんないでしょ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

加藤浩次 「息子の運動会で見た、トンデモないもの」

2009.10.19 (Mon)
内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ DVD-BOXI ~2時間サスペンス版~2009年10月16日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、長男・快晴くんの幼稚園の運動会に参加したことが明らかになった。「快晴はスポーツ幼稚園に通っててさ、運動ばっかりさせる幼稚園なんだよ」と話していた。

「幼稚園の年中組なのにさ、200 mとか走らせるんだぜ。30人くらいの幼稚園児が、200mを走ってる。それに快晴も出ててさ、『5位以内に入ったら、欲しい物買ってやる。だから、頑張ってこい。スタートも、一番前に陣取れ』って言ったんだよ」

「それで、快晴もやる気出してさ、一番前に出てたんだけど、さらにやる気の男の子に前に入られてた。それでスタートしたら、後ろの子に押されたようで、スタート早々に転んでた。そこからもう、やる気を無くして、ふざけてプラプラしだした」

「父兄のところに帰ってきたら、『パパ、10位だった。けど、オモチャ買ってくれても良いんじゃない?』って言い出して。でも、そんなに早くもないんだよ。26位だった。だから、ダメだって言ったら、『あ、そう』って言ってた」

「父兄参加の競技もあるんだよ。その徒競走に、『ウソだろ?』っていうくらいの胸の大きいお母さんが出ていた。太ってないんだけど、すごい胸がデカイんだよ。Iカップくらい。その人が走ると、もうスゴイ揺れるわけ」

その女性を見ていると、以下のようなことがあったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂