爆笑問題・太田、武井壮が重度の花粉症で春先は何も考えられなくなってしまうと明かす「『サンジャポ』の時もほとんど喋らず」

2019.03.13 (Wed)
2019年3月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、武井壮が重度の花粉症で春先は何も考えられなくなってしまうと明かしていた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


太田光:花粉症って凄いね、今年。だから、俺もなりかけでずーっと。ここのところ、なりかけみたいな状態が5~6年続いてんだよな。

田中裕二:うん。

太田光:凄いんだよな。武井壮が、相当凄いんだよね。

田中裕二:アイツ、本当に何が百獣の王だっつー話なんだよ。

太田光:この間、『サンジャポ』出た時も楽屋で話してて。とにかく花粉症っていうものの名前がまだない頃から。子供の頃から、とにかくこの時期になるとボーッとしちゃうんだってね。

田中裕二:うん。

太田光:何も考えられなくなっちゃうんだって。

田中裕二:そう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

ドランク鈴木拓、宇多田ヒカルの「歌姫ってなんなん」ツイートの流れに乗った武井壮にツッコミ「お前が言いだしたんだよ」

2019.02.19 (Tue)
2019年2月18日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、宇多田ヒカルの「歌姫ってなんなん」ツイートの流れに乗った武井壮が「百獣の王ってなんなん」とツイートしたことに「お前が言いだしたんだよ」とツッコんでいた。



リスナーメール:先日、宇多田ヒカルさんが「歌姫ってなんなん」とつぶやいて、この「なんなん」が芸能界に広まっているそうです。

吉田沙保里さんは「霊長類最強女子ってなんなん」つるのさんは「イクメンってなんなん」とつぶやいています。

もし皆さんが「なんなん」でつぶやくなら、どうなりますか?

鈴木拓:武井壮さんもやってましたね。「百獣の王ってなんなん」って、あれはお前が言ったやつだよって。

濱口優:はっはっはっ(笑)

有野晋哉:自分で言い出しといてな(笑)

鈴木拓:そう。

濱口優:「なんなん」ってなるのは、マスコミにつけられた、言ったらあだ名というか。

鈴木拓:そうですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

爆笑問題・太田、武井壮に絡んで『サンジャポ』で軽く流されたことに激怒「許さないからね」

2017.09.20 (Wed)
2017年9月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、TBS系の番組『サンデー・ジャポン』の中で、武井壮に絡んで「軽く流された」ことに激怒していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

b>田中裕二:この間の『サンジャポ』の武井壮みたいな感じでね(笑)

太田光:許さないからね、俺は、ああいうのは絶対に。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「戦ったら勝てるかどうか言ってねぇよな」「それはいいとして」みたいな流し方しやがったから、あの野郎。

田中裕二:流し方ね。しゅんとして楽屋に行きましたけどね、あの後ね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

ピエール瀧、武井壮に教えてもらったアスリートの反則ギリギリなトレーニング法「血を抜く」

2016.06.04 (Sat)
2016年6月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴ・ピエール瀧が、武井壮に教えてもらったという、アスリートの反則ギリギリなトレーニング方法について語っていた。

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

ピエール瀧:ドーピングとかね、ロシアのヤツとかも、もう「組織ぐるみ、国ぐるみかい」って話でやってるじゃないですか。

赤江珠緒:そうですよね。

ピエール瀧:もう全部、組織のドーピング禁止期間もグルだったっていう。

赤江珠緒:うん、うん。

ピエール瀧:何を信用したらいいのかって話に、なってるじゃないですか。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうですよね。

ピエール瀧:もう、ありにしません?(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

ピエール瀧:分かんないですけど、もう…

赤江珠緒:ふふ(笑)使えるものは全て使ってよし、みたいな(笑)

ピエール瀧:もう、フルドーピングしたら、何秒になんの?100 mって。分かんないですけど。

赤江珠緒:本当だね。そういう人たちがね。

ピエール瀧:ねぇ。

赤江珠緒:うわぁ(笑)

ピエール瀧:そういう頂上オリンピックみたいなヤツ。

赤江珠緒:怖いよ、もう(笑)医学会とのコラボみたいになったら、もう怖いよ(笑)

ピエール瀧:「良い」って人、いそうじゃない?よく分かんないけどさ、凄いことやるんでしょ?

赤江珠緒:ねぇ。

ピエール瀧:昔、武井壮君に教えてもらったけど、高地トレーニングをやるからってはなんでやるかっていうと、空気が薄いところ、酸素が薄いところだと、酸素をヘモグロビンに取り入れる量が少なくなるわけじゃない?

赤江珠緒:ほう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

カンニング竹山、武井壮の多忙なタレント活動の中で陸上トレーニングをする凄さを賞賛「実は学があって頭が良い」

2015.08.19 (Wed)
2015年8月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、アスリートでタレントの武井壮は、多忙なタレント活動の中、陸上トレーニングもこなし、フランス・リオンで行われた世界マスターズ陸上選手権で、40-44歳が出場する「M40クラス」の400 mリレーで金メダルを獲得したことについて、賞賛していた。

FORTY (フォーティー) 2013年 11月号

赤江珠緒:凄く明るい、良いニュースが届きました。武井壮さん、マスターズ陸上で金メダル。

カンニング竹山:うん、凄いね。朝、武井にメールをしたんですけど。

赤江珠緒:そうですか。『たまむすび』にも、去年まで出てらっしゃって。去年、まさに「陸上でメダルを狙っていくんだ」と仰ってましたもんね。

カンニング竹山:そうですよね。リレーか何かで、1位になったんでしょ?

赤江珠緒:そう。これ40-44 歳が出場するM40のクラスで、400 mリレーに出場されまして、金メダルを獲得しました。タイムは42秒70で、アジア記録を1秒37も大幅に更新した、と。

カンニング竹山:へぇ。

赤江珠緒:世界記録まで、あと0.5秒にせまる好タイムだったそうですよ。

仕事をしつつトレーニングできる凄さ

カンニング竹山:凄いのが、武井はバリバリ仕事をしているわけですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:東京だけでなく、大阪・名古屋とかでも番組をやってて。大阪とかで、よく会うわけよ。陸上競技場とかで、物凄いトレーニングをする時間ってないでしょ?だから、近所を走っているんだよね。

赤江珠緒:そうなんですよね。この番組でも、「この辺を走ってる」と仰ってましたもん。

カンニング竹山:「寝る前、○本ダッシュだ」とか、twitterで書いているわけ。夜中の3時頃とか。

赤江珠緒:今回も、「深夜に町中をダッシュした」と。大体、1日1時間のトレーニング。それを700日やって700時間。

カンニング竹山:凄いね。

赤江珠緒:毎日、1時間を積み重ねれば、どれだけの価値が出るのを大人に示したかった、と。

カンニング竹山:ああ。

赤江珠緒:仰ってますよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、ダレノガレ明美の軟式野球の実力に驚き「皆ツメを隠しながら芸能人をやってる」

2015.03.26 (Thu)
2015年3月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉と、アスリート・タレントの武井壮が、タレント・ダレノガレ明美の軟式野球の実力に驚いたと語っていた。

ダレノガレ明美「十勝の楽しみ方」
LIFE STYLE DOOR Vol.41 (ダレノガレ明美「十勝の楽しみ方」)

博多大吉:この前、番組でダレノガレ明美と共演して。ソフトボールができるんですって。

赤江珠緒:へぇ、そうなんですか。

武井壮:アイツ、上手いですよね。

博多大吉:中学の時、全国大会3位なんですって。

赤江珠緒:細身のモデルさんなのに。

博多大吉:昔は、太っていたらしくって。ちょっとガタイが良くて、ポジションはキャッチャーだったと。

赤江珠緒:エエッ!?

武井壮:そうなの。

博多大吉:ロケに行くという番組をやらせてもらったんですけど、ソフトボール日本代表のピッチャーの球を、結局最後には打ちまして。

赤江珠緒:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

武井壮、AKB48の魅力が詰まった『マジすか学園』を語る「指原莉乃=スキャンダルというアケスケな所も好き」

2015.03.01 (Sun)
2015年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、アスリート・タレントの武井壮が、アイドルグループAKB48の魅力が詰まっているという日本テレビ系のドラマ『マジすか学園』について熱く語っていた。

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX
AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)

武井壮:最近、激ハマりしているドラマがございまして。日本テレビで、月曜深夜に放送されてる『マジすか学園4』。ご存知ですか?

博多大吉:タイトルは知ってますし、チラっと観たことありますけど。

武井壮:どハマりしております。AKB48グループのメンバー達が出演している学園ドラマです。

赤江珠緒:学園ドラマ?

武井壮:今回、4作目になるんですが、1作目は前田敦子ちゃんが主演で、学校の中で起きるヤンキードラマですわ。その学園のトップを決める、みたいなドラマです。

博多大吉:『ビーバップハイスクール』とか?

武井壮:それより、ちょっとマジ感が強い、ガチのバトル感が強い。『WORST』とか分かります?あの辺のキャラ設定にすごく近いです。

赤江珠緒:それの女子版?

武井壮:AKBのアイドル達が、色々なキャラに扮して、ドラマを繰り広げるというものなんですけど、1~2作目、前田敦子ちゃんとかが主演で。3作目は島崎遥香、パルルですね。

赤江珠緒:はい。

武井壮:『マジ女』のてっぺんを決めるという。そういうバトルが繰り広げられるわけですね。3作目は『マジすかプリズン』と言って。4作目はまた学校に戻ってきまして、『マジすか女学園』に。

博多大吉:これはどうやって戦うんですか?ケンカですか?

武井壮:ケンカですよ。それぞれキャラによってファイトスタイルが違いまして。特技も全く違いまして、それがまたリアルなアイドル像を反映させてまして。

赤江珠緒:へぇ。

武井壮:今回は、HKT48宮脇咲良ちゃんが主役で、「さくら」って主人公なんですね。ちょっと過去に、家庭問題で暗い闇を抱えた女の子が…お父さんに捨てられたという暗い過去を持っている、と。逃げ出してはいけないのだということで、てっぺんを目指します、と。

赤江珠緒:はい。

武井壮:「道を開けなよ」というキーワードがありまして、邪魔するんじゃないよみたいな。ただ、人を信じられない、みたいな。

博多大吉:さくらちゃんのファイトスタイルはどんな感じですか?

武井壮:正攻法ですわ、空手みたいな突きと蹴りみたいな、色々な正攻法のファイトスタイルで。

赤江珠緒:ヨーヨーは出てこないんですか?

武井壮:そういうスケバン的なことは出てこないですね(笑)彼女は、素手でガンガン戦っていくタイプですね。そこに、このドラマで歴代いるラッパッパというグループがいるんですけど。

赤江珠緒:ラッパッパ?(笑)

武井壮:吹奏楽部で、この学園をシメているわけです、歴代。吹奏楽部の今のリーダーが、島崎遥香さん。「ソルト」ってあだ名で、これはリアルに普段からファンに対して塩対応だと。

博多大吉:へぇ。

武井壮:このドラマでも、仏頂面でボソボソ話して、「あなた達が負けようが勝とうが、関係ない」みたいなコメントをして、すごい塩対応で。

赤江珠緒:ちょっと懐かしい感じの、セーラー服ですね。

武井壮:めちゃめちゃ強いんですね、このソルトちゃんは。

博多大吉:ソルトちゃんのファイトスタイルは?

武井壮:ソルトのファイトスタイルは、まだ見えてこないんですよ。ただ、途轍もなく強いというのだけがフィーチャーされていて、そこに向かって下にいる四天王が倒しに行っている状態なんですよ。

博多大吉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

武井壮、8.6秒バズーカーTV出演前にYouTube動画で視聴者が飽きることを心配「1ヶ月で新鮮味なくなる」

2015.02.10 (Tue)
2015年2月8日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00-10:55)にて、アスリート・タレントの武井壮が、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライのギャグでブレイクしたものの、YouTubeで動画を観ている視聴者が、彼らのテレビ出演前に飽きてしまうのではないか、と心配していた。

ラッスンゴレライ
ラッスンゴレライ [DVD]

前の記事からの続き:松本人志、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライだけの印象になることを懸念「ギャグが一人歩きし過ぎて」

武井壮:(8.6秒バズーカーのラッスンゴレライを)僕も、パッと見て、面白いなっていうか、テンポも良いし、見やすくていいなって思ってるんですけど、世間のスピード感って凄い早いじゃないですか。

東野幸治:はい。

武井壮:昔って、見れなかったから、見たかったんですよね。芸人さんの芸にしても。

東野幸治:テレビで、「今日8時にやるから、それまでに早く8時になれへんかな」ってね。

武井壮:はい。『ひょうきん族』とか、楽しみにしてた番組が凄い多かったから、そこしか見れないから、どうしてもそこを見ようと思ってたんですね。でも、今は、この子たちがポンって売れて、ワッて有名になって。色んなこういうネタあるじゃないですか。そしたら、世間の人たちは、この人たちが出るよりも早いスピードで何百回もこれを見るから、1ヶ月くらいしたらもう慣れて、新鮮味がなくなってしまうんじゃないかなって。

東野幸治:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

石川遼、アメリカで手にしようとしている精密なプレースタイル「日本でのゴルフは、幼稚でした」

2015.02.02 (Mon)
2015年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金13:00-15:30)にて、タレント・アスリートの武井壮が、プロゴルファー・石川遼が現在、アメリカで手にしようとしているイメージ通りに打つという精密なプレースタイルについて語っていた。

石川遼 2015カレンダー

前の記事からの続き:武井壮、石川遼が落ち目であるとの意見に反論「アメリカのコースの難しさ、層の厚さ」

武井壮:合宿で行っていたトレーニングでは、フルショットの練習とか、ほとんどしていないのですよ。

博多大吉:うん。

武井壮:バンカーの中から、20~30ヤードのアプローチショットを打つんですけど、これで「サンドウェッジからドライバーまで、全てイメージして球を打つことができます」と。

赤江珠緒:へぇ。

武井壮:球をバンカーから砂をパンと叩いて、エクスプロージョンという普通の出し方ではなく、しっかりボールにカチッと当ててるんですよね。「左から少し、フェードで行きます」って宣言すると、バンカーの中からフェードの球で出てくるんですよ。20ヤードくらいのアプローチを。

博多大吉:それはもう、なかなか考えられない?

武井壮:僕はもう、信じられなかったです。「ドライバーみたいな感じで構えます」と。そのままクラブを上げて…体だけで上げてそのまま下ろすんですけど、「ちょっと右からドローで、フェアウェイの右サイドから攻めていきたいです」と言うと、本当にその感じにパンッと球が出て行くのですよ。

博多大吉:うん。

武井壮:「この練習をしていると、球を一番良いボールへのインパクトの仕方で入れて、思った通りのラインに思った球筋で出していく練習ができる」と。

赤江珠緒:うん。

武井壮:「これはやっておくとショットの時に何も怖さがないです」と。

赤江珠緒:へぇ。

武井壮:「こういう感覚が、アメリカのツアーにすごく必要だ」と。

赤江珠緒:精密なゴルフが求められるんですね?

武井壮:はい。だから思った通りの球を思った通りに打つ練習を、今はすごく繰り返しているんですね。

博多大吉:うん。

武井壮:「とにかく打って行って、あそこに行ってしまったというのをなくしたい」というレベルなんですよね。

赤江珠緒:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

武井壮、石川遼が落ち目であるとの意見に反論「アメリカのコースの難しさ、層の厚さ」

2015.02.02 (Mon)
2015年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金13:00-15:30)にて、タレント・アスリートの武井壮が、プロゴルファー・石川遼の現在について語っており、その中で活躍があまり聞かれなくなったが、決して退化しているわけではなく、むしろ進化しているのだと語っていた。

石川遼 2015カレンダー

武井壮:進化の止まらない獣、プロゴルファー石川遼に会って、話してきました。

赤江珠緒:ええ⁈

武井壮:テレビでご覧になった方もいらっしゃると思いますけれども、昨年末、プロゴルファー・石川遼さんの沖縄合宿の模様が放送されて。

博多大吉:はい。

武井壮:その合宿に、丸1日参加してきまして。

赤江珠緒:ええッ!?

武井壮:合宿自体の期間は、20日間、早朝から日没までずっと練習する、結構ハードな内容のキャンプだったんですけど。下は中学3年ジュニアアマ、トップジュニアの方から、男女のプロゴルファーの方々が。

博多大吉:これは、石川遼さんが教えてくれる、みたいな感じですか?それとも、石川遼さんと一緒に練習ができるんですか?

武井壮:一緒にトレーニングをする、みたいな感じでしたね。

博多大吉:へぇ。

武井壮:でも、僕には石川遼君が教えてくれまして。今考えていること、ゴルフでプロとしてありたい方向性みたいな話を聞いて。しかも、それを練習で体感させていただきまして。

赤江珠緒:ためになりましたか?

武井壮:もう、ためになること以外、何1つなかったです。

赤江珠緒:そうですか。

武井壮:すべての動作、すべてのドリル、すべての運動がゴルフのスコアアップ、もしくはゴルフをブラッシュアップするためのエッセンスになっておりましたよ。

赤江珠緒:へえ。

石川遼の現在

博多大吉:僕はゴルフをやらないですし、スポーツ新聞を斜め読みするくらいの人間ですけど。石川遼さんは最近、成績のほうがあまり前ほど…前は毎週のように話題になってましたね。

武井壮:優勝争いに絡んで、賞金王を獲って、史上最年少賞金王ですから。

赤江珠緒:今は、アメリカツアーに参加してるんですか?

武井壮:今はアメリカツアー、一昨年、昨年とアメリカツアーに参戦しておりまして。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:遼君フィーバーの頃のイメージが、強烈過ぎて。最近の調子は、どうなんですか?

武井壮:そういうふうに皆さんお思いなのですよね。

博多大吉:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび