カンニング竹山、映画『男はつらいよ』の本読みで小林稔侍が読まずにいて橋爪功に注意されていたと明かす「お前だ、稔侍!」

2019.02.25 (Mon)
2019年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、映画『男はつらいよ』の本読みで小林稔侍が読まずにいて橋爪功に注意されていたと明かしていた。



カンニング竹山:で、大分前になりますけど、本読み行きましたよ。

赤江珠緒:ああ、俳優さんたちが揃って本読みがあるんですか?

カンニング竹山:そう。本読み来いって言うから。東宝のスタジオに。

赤江珠緒:へぇ。

カンニング竹山:そしたら山田洋次監督。そこに前田吟さんもいる、桜さんもいる。だから、お亡くなりになった以外の、僕が見てた寅さんメンバーが全員いる。

赤江珠緒:うわぁ。

カンニング竹山:で、俺は一番端っこに座ってて。

赤江珠緒:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

木梨憲武、橋爪功や市村正親に何回も間違って電話をかけてしまうと告白「勝手に押しちゃうシリーズ」

2018.11.10 (Sat)
2018年11月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(毎週土 6:00-7:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、俳優・橋爪功や市村正親に何回も間違って電話をかけてしまうと告白していた。



木梨憲武:携帯をポケット入れたり、リビングに置いてたりして、押しちゃって「もしもし?」なんて聞こえてくるのが、「あ、押しちゃった」って、昨日やっちゃったんですよ。

で、「誰かな?いけね」って思ったら、「もしもし?もしもし?」ってかかったのが、(磯野)貴理子でした(笑)

「おお、ごめん、貴理子。ご無沙汰してます、元気?」って。「憲武さん、どうしたんですか?」「押しちゃったみたいなんだよ」って。「じゃあ、また近い内に会おうね」っていうのが、昨日の夕方だったんですが。

それに近いのがね、これ前にどっかで話したんですが、自分の携帯をポケットに入れて、何回もかかるのが、橋爪功さん、大御所の(笑)橋爪さんの携帯鳴っちゃうもんだから。「あ、木梨君、どうした?」「あ、ご無沙汰してます。すみません、間違ってなんか押しちゃったみたいです」「ああ、そうなのかい」ってくだりが、3~4回あります(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土曜朝6時 木梨の会。

爆笑問題・太田、橋爪功が息子・遼の逮捕で謝罪することに疑問「橋爪さん謝るのは、どうなの?」

2017.06.07 (Wed)
2017年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、橋爪功の息子・橋爪遼の逮捕について、父親が謝罪することに疑問を呈していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:どうも皆さんこんばんは、爆笑問題・田中裕二です。

太田光:橋爪功を非常に尊敬しています。

田中裕二:太田さん、大好きな俳優さん。

太田光:橋爪功さんを大尊敬しています。張り込みパクるです。

田中裕二:何言ってんだよ。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:大変だね、橋爪さんも。

太田光:ショックだよ。

田中裕二:ねぇ。

太田光:しかもあれだから、『やすらぎの郷』出てたんでしょ。

田中裕二:ホームの従業員の役。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田が語る「名優・橋爪功の演技の凄さ」

2013.04.17 (Wed)
2013年04月16日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、橋爪功の演技について語られていた。

実は演技が上手い太田光

東京家族 DVD田中「太田さんの芝居、めちゃめちゃ上手いじゃないですか」

太田「めちゃめちゃ上手い」

田中「これね、ホントなんだよ。でも、世の中の人は多分、ドラマとかやらないからそう思ってる人少ないと思うんですけど、おそらく、日本でもこんなに上手い人は滅多にいないですよ、実は」

太田「そういうこと、もっと言えよ」

田中「ふふ(笑)でも、そういうこと俺が言っても、わかってくれないじゃん。説得力ないから。『あぁ、太田に言わされてるんだろう』とか」

太田「『私が全部悪いんです~衝動買いしちゃったんです~』みたいなことになっちゃうね(笑)」

田中「ワイドスクランブルでの、オセロ中島のセリフはいいんですよ(笑)それは関係ないんですよ」

太田「『私が一緒に住もうって言ったんです』みたいな。庇ってんだなぁ、みたいな誤解をされるってことだろ?」

田中「ホントにそう思われるから。俺は逆に、ドラマでもなんでもやれば良いって思ってんだよ。そうすればビックリするじゃん」

太田「他人の書いた本なんかで出来ませんよ」

田中「そういうこと言いだすからね(笑)でも、先入観ってあるからね。『太田さん、運動神経ゼロでしょ?』って言うやつと同じ。演技なんかできないって思ってるから」

太田「うん」

田中「同業者とかでもそう思うわけ、きっと」

太田「うん」

田中「それは俺もイヤだから。『鼻を明かしてやれよ』って思うときがある(笑)ヒッチコックのプロモーション映像撮った時があったろ?あの時のお前の演出、超上手いだろ。あれを見せてくれれば(笑)」

太田「ふふ(笑)」

田中「超上手いから。『こうやるんだよ』って、教えてくれるから。それが『なるほど』って演技なんだよ。それを分かってないね。世の中はそこを分かってないね」

太田「そこを世の中に見せたいとは思ってないですから。『(演技)上手い』なんて思われた時点で、役者として負けですから」

田中「そんなことないでしょ(笑)」

太田「いやいや、そりゃそうですよ」

田中「上手いか下手か忘れるくらい自然ってことね?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ