オードリー若林、G1 CLIMAX28決勝で棚橋弘至のセコンドとして柴田勝頼が現れたことに大号泣「涙が溢れちゃって、試合前から」

2018.08.19 (Sun)
2018年8月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、G1 CLIMAX28決勝で棚橋弘至のセコンドとして柴田勝頼が現れたことことに大号泣してしまったと語っていた。

オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編


若林正恭:柴田選手がね、怪我して。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、試合、しばらくしてなくて。俺はもう絶対復帰してね、リングもう一回見たいんだって熱弁してたりして。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、棚橋選手と柴田選手っていうのは、色んな物語があるわけですよ、10何年に渡って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:まぁ、柴田選手は一回新日離れて。総合格闘技のところ行って。

春日俊彰:うん、出てたね。

若林正恭:で、戻ってきて。で、棚橋選手と戦ってとかさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、その話をさ、水口っちゃん(ディレクター)しててさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そしたら、棚橋選手の決勝戦ですよ。

春日俊彰:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN