伊集院光、『笑点』で林家木久扇による司会続行を熱望「カオスっぷりが凄い」

2014.05.20 (Tue)
2014年05月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の伊集院光が、日本テレビ系の番組『笑点』のにおける林家木久扇の司会の回が「物凄いカオス」であると語っていた。

先代の三遊亭円楽死去後、桂歌丸が司会を続けていたが、体調不良のため、司会の代役として林家木久扇が務めたが、その司会の様子がとんでもなかった、と伊集院光は語っていた。

昭和芸能史
昭和芸能史

伊集院光:今、俺の中で注目してもらいたい番組が、『笑点』なんだけど。ここのところ、『笑点』観てる?ちゃんと観てる?観てないの?お前ら、古典落語は終わっても、弟子は終わったわけじゃねぇんだぞ(笑)

お前ら、入ってないの?円楽一門入ってないの?俺だけか(笑)『笑点』さぁ、歌丸師匠が体調壊しちゃって、歌丸師匠が抜けてるんですよ。それで、抜けてる間に…しかも急に歌丸師匠、体調を壊されたから、先週、すごかったぞ(笑)

昨日の『笑点』はさておき、先週の『笑点』のカオスさ、超凄かったよ。俺、ブルーレイに焼いたからね(笑)急遽、撮り直したと思うんだよね。歌丸師匠で収録した回を撮り直したんじゃないかなって思うのは、演芸コーナーがなくて、いきなり大喜利に行ったと思うんだよ。

それで、大喜利の司会が、木久扇師匠なの。これが凄かったわ。木久扇師匠のポンコツ具合が超凄いんだって。大体、手を挙げて人を指す時、「あなた」です(笑)何年、一緒にいるんだって話よ(笑)

それで、木久扇師匠の凄いところは、落語でいうところの、与太郎キャラで、バカキャラじゃない?「イヤ~ン、バカーン」キャラじゃん。だから、ずっととぼけた味でずっとやってるわけですよ。これはボケキャラなのか、キャラじゃないのか、みたいなところは随分前から怪しくなってきてるんですよ。

だって、僕が観た限りでも、自分で林家木久蔵を息子に譲って、木久扇を名乗り始めて何年ですか。自己紹介で、何度「木久蔵」って言っちゃてるか(笑)自分の名前を(笑)

それで、『笑点』あったかいなぁっていうか、手練がやってるよなっていう。熟練工がやってるやなって思うのが、最初の挨拶の時点で、林家たい平師匠が、「木久扇師匠が、自分の名前を覚えているか心配です」ってギャグを振って。ちょっと笑い起きてるのね。これが本当に忘れてんだ(笑)

木久扇師匠、なんだか分からないけど、物凄い大盤振る舞いで、座布団を2枚ずつあげるっていうのが始まっちゃったの(笑)なんだか分からないけどね。基準が分からないの。漏れ無く2枚あげるって感じのが始まって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力