おぎやはぎ「モーターショーのコンパニオンの質が落ちたワケ」

2011.12.03 (Sat)
2011年12月01日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、東京モーターショー2011の見学に行ったときのことを語っていた。そこで、コンパニオンの質が低下していることについて触れられていた。

矢作「気になったのは、コンパニオンかなぁ」

小木「おっ、やっぱ気になってた?」

矢作「こんなこと言って良いのかな…なんか、昔に比べて質が落ちた気がするんだよね」

小木「落ちてるよなぁ、俺も思ったんだよなぁ」

矢作「思ったでしょ?これは俺らが年をとったからなの?それとも、ホントに…」

小木「ホントだと思うよ」

矢作「景気の問題?」

小木「そうなのかね」

矢作「昔って凄かったじゃん。人数も多くて」

小木「華やかだったよ。とにかく、キレイだったよ」

矢作「少なくない?」

小木「全然いなかったじゃん。一つのメーカーに対しても、ホントに数人くらいしかいなくて」

矢作「昔は、ウジャウジャいたよね」

小木「ウジャウジャいて、写真も撮られてたでしょ。みんなそれを目的にカメラ持ってきてたでしょ」

矢作「あれ、今回はまだプレスだからじゃない?」

小木「でも、プレスだからコンパニオン少ないってわけじゃないでしょ?」

矢作「それはもうね…」

小木「数少ないし、質も悪いし」

矢作「はっはっは(笑)悪いって言っちゃなんだけどね」

小木「こういうのは、ハッキリ言わないとダメだよ。あの人たちのためにならないんだよ」

矢作「もしかしたらだけど、昔ほどじゃないのかもね。昔って、スッゴイ花形だったじゃん。モーターショーのコンパニオンに選ばれたら。そこまでじゃないような気がするんだよね、今は」

小木「自慢になるもんね、昔はね」

矢作「自慢してたよ。俺たちが遊んでたら、イベントコンパニオンの仕事をしてる子がね」

小木「そう」

矢作「『今週、モーターショーだから』みたいな。受かった、みたいなことを自慢にしてたもん」

小木「そうそう」

矢作「昔は給料も高かったモンね」

小木「凄かったよね」

矢作「1日5万円とかそれくらいとってたんだよ」

小木「羽振り良かったもんね」

矢作「それでほら、2週間近くだから。モーターショー決まっちゃえば、結構な金額になるからね。でも、今はそれほどではないのかな」

小木「なんなんだろうな、質が落ちちゃったのは」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき