有吉弘行が語る「柔道家・木村政彦の評伝の凄さ」

2011.11.21 (Mon)
2011年11月21日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、柔道家・木村政彦の生涯を辿る評伝の読後感想について語っていた。

有吉「仕事仕事って、忙しさにかまけて、ちょっと暇あれば酒飲んでみたりしてたからさ、これじゃちょっといけないなって思って、それでDVDを観てみようかって思って、園子温監督作品と、思いがけず出会ったわけ」

アルコ&ピース・平子「はい」

有吉「やっぱ、観てみるもんだなって思って。本も最近、全然読んでなかったから、ちょっとみんなが良い、良いって勧めるから、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』っていう、超分厚い700ページくらいの本なんだけど、読んでみようかって思って」

平子「へぇ」

有吉「やっぱり、人生観変わったね」

平子「へぇ、そういう話なんですね」

有吉「木村政彦、柔道の鬼って呼ばれてる人なんだけど、柔道の練習が1日10時間なんだって」

平子「へぇ…」

有吉「それで、後輩たちがそれをマネしてやってみたら、体が全身痙攣で死にかけたりしたんだって」

平子「うわぁ…」

有吉「それを、何年もやってるんだって。1日10時間」

平子「ふははは(笑)」

有吉「大木に帯を巻き付けて、打ち込みするわけでしょ」

平子「はい」

有吉「やってると、背中が擦れてきたりしていくじゃん。それで、血が出るのも構わず、ずっとやってたら、背中が、踵みたいな固さになるんだって(笑)」

平子「はっはっは(笑)」

有吉「スゲェだろ?(笑)俺もう、ちょっとさ、これが努力だって思って(笑)」

平子「はい」

有吉「色んな人が『努力してます』って言うけどさ、マネしたら死んじゃうくらいって(笑)」

平子「芸人の努力に置き換えたら、ゾッとしますよね。唇が踵の硬さになるまで喋り続ける、とかそういう話ですもんね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer