伊集院光、怖い怪談を作る上でのコツについて語る「あえて怖くない物を登場させる」「あえてツッコミ所を作っておいて後に回収」

2019.03.19 (Tue)
2019年3月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、怖い怪談を作る上でのコツについて語っていた。



伊集院光:まずね、全然怖くないものを頭の中で考えるってやり方があって。全然怖くない、「それって、何やったって怖くなくなっちゃうじゃん」っていうことを考える。

それは、僕の中でいつも分かりやすい教材で出すのは、歩くとピキョピキョ鳴るサンダルあるじゃん。歩くと、ピッキョ、ピッキョって変な笛の入ってるサンダルあるじゃん。もう絶対怖くないじゃん。でも、ここを一番怖い場所でこれをつけるともう怖いんだよ。

怖いものと怖いものは、足してもあんまり怖くなんないんだけど、一番怖くないものを、置く場所によっては凄い怖くなるっていうレシピがあります、と。

で、あとその中に入れる、登場させる人はどういう人がいいんですか、みたいなことと、話の展開って、どういうことにしたらいいんですかっていう。話の展開でいうと…ちょっと今、これ俺の話していること、多分5万とれる話だと思うんだけど。…じゃあ、今日はここまでです(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、怪談話をテレビやラジオでしなくなったのは「霊感あるんですよね?」といった論争に巻き込まれるのがイヤだからと語る

2019.03.19 (Tue)
2019年3月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、怪談話をテレビやラジオでしなくなったのは「霊感あるんですよね?」といった論争に巻き込まれるのがイヤだからと語っていた。



伊集院光:(XXCLUB大島に)「怖い話について、教えてほしいんですけど」みたいな感じを、本当にその番組始まるちょっと前ぐらいのところで言うから。で、こっち側からしてみると、そのなんでしょうね、教えたいみたいな気持ちも。おじいちゃんになってくると、教えたい気持ちもちょっと出てくるんです。

あともっと言うと、怪談っていうジャンルは、俺の中でもうすげぇ面倒くさくなったから、放っといちゃってるジャンルなんですよ。

この番組では、何度か愚痴をこぼしましたけど、僕は話芸としての、もしくはお話を作るっていう意味での怪談っていうものには、凄い興味がある。怖く話す、怖く作るっていうことに関しては興味があるんですけど。

怪談を突き詰めていくと、まず、今日ももう先に言っておきますと、怪談をする気はないです。まず、ラジオで怖い話をすると、凄い怖くなる。深夜のラジオで怖い話をすると,
猛烈に怖くなっちゃうから、聴く人が減っちゃうっていう理由で、あんまりこう怪談をやるラジオっていうのは、僕の思うラジオ向きじゃないコンテンツ。深夜ラジオ向きじゃないコンテンツっていうのが一個。

あと、いい怪談を作ってみんなを怖がらせると、「伊集院さんも霊感あるんですよね?」っていう話になってくる。あと、お化けがいると思ってるっていう話になるから。僕、頭のところに三角巾がついてて、お尻のところがスーッて…「最後まで出た!」ってウンコあんじゃん(笑)途中でもっきり折れなかったウンコのところまで出てるみたいな(笑)

手が胸のところでピグモンみたいになってる…お化けは分からないけど、ピグモンは分かるでいいの?今の言い方(笑)オバケの手つきを一から説明しているにもかかわらず、「ピグモンみたいの」って言った途端に、「あ、説明できた」っていう感じでいいの?(笑)

…その感じになっちゃうわけ。霊感ある人になっちゃって。今、いろんなスタンスが変わってきて、自分の中で変わってきて。「オバケなんて、いてもいなくてもどっちでもいい」っていう。ムキになって「いない、いない」って言うのもなんかねってなってるし。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

稲川淳二が明かす、誰でも怪談話が上手くなる3つのコツ「擬音、早口、複数の聞き手」

2014.08.19 (Tue)
2014年8月17日放送の日本テレビ系の番組『所さんの目がテン!』にて、「怪談」が特集されていた。そこで、怪談話で知られるタレントの稲川淳二が登場し、怪談話を盛り上げる3つのコツについて明かしていた。

稲川淳二の超こわい話 特別怪演
稲川淳二の超こわい話 特別怪演 [DVD]

怪談には、恐怖を演出する数々のテクニックが秘められているという。そのテクニックとは、以下の3つであるそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組