爆笑問題・太田、妻・太田光代社長が新年会で飛び跳ねて左股関節を骨折したことに言及「ぴょんぴょん飛び跳ねてコケて」

2019.01.16 (Wed)
2019年1月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、妻・太田光代社長が新年会で飛び跳ねて左股関節を骨折したことに言及していた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


太田光:(新年会で)挨拶してたら、社長が乱入して。で、ぴょんぴょん飛び跳ねて、社長骨折するっていう。

田中裕二:骨折してね。

太田光:訳分かんないさ。もうどうなってんのか分からないしさ。

田中裕二:うん。

太田光:高橋さんは高橋さんで、その1週間前に酔っぱらい過ぎて自分の部屋で倒れて、額を6針縫うっていう。もう酔っぱらいばっかり。

田中裕二:酔っぱらいばっかり。

太田光:タイタンの学校、大丈夫なのかな?(笑)

田中裕二:大丈夫なのかって話だよ(笑)

太田光:ヒドイ話だよ。

田中裕二:社長が骨折ったっていうのは、俺、全然知らなかったのよ。

太田光:俺も分からなかったのよ。コケたって言うから。

田中裕二:そう。

太田光:そしたら、俺の挨拶の後に、ぴょんぴょん飛び跳ねてコケてましたよっていうからさ。

田中裕二:そうなのね。

太田光:それでやったらしいのよ。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、妻・光代社長は税務署職員に好意的であると明かす「税金を納めることに生きがいを感じてる」

2016.06.08 (Wed)
2016年6月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、舛添都知事の政治資金の私的流用疑惑に関連し、妻・光代社長は、税務署職員に好意的であり、「税金を納めることに生きがいを感じてる」と語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


田中裕二:領収書の必要経費的なヤツ、たしかにグレーなところもあるからね。

太田光:我々だって、税金の「見解の相違」みたいなの結構あるから。

田中裕二:あるからね。

太田光:ただ、我々は税金を(経費で)免除されるかどうかの判断だけど、あっちは直で使ってるだけだからね。

田中裕二:そういうことだからね。

太田光:しかも、税金をってことでね。

田中裕二:うん。我々だって、本一つ買うのもね…

太田光:お前なんか脱税王だからな。

田中裕二:脱税なんかしてねぇわ。

太田光:よく頑張ってるね。

田中裕二:頑張ってねぇよ、税務署、ビッチリ調べてんだよ。

太田光:脱税するし、ポーカー屋に行くしさ。

田中裕二:行ってねぇわ(笑)

太田光:ダブルアップで喜んでな。

田中裕二:喜んでねぇわ(笑)

太田光:「♪テーテーッテッ」って、あの音がたまんねぇって。

田中裕二:何言ってんだよ。お前もなんで知ってんだよ(笑)「お前も」っつっちゃったけど、行ってねぇわ(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:行くか、そんなところ(笑)

太田光:ふふ(笑)

田中裕二:ああいうのって、たしかにグレーゾーンではあるんですよ。

太田光:グレーなんだよね。

田中裕二:だってたとえば、本を買う。

太田光:芸能人にとっては、研究費、みたいな。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田の妻・光代社長、仕事上の意見の相違で離婚の危機を迎えていた「離婚届を持ってきた」

2015.03.12 (Thu)
2015年3月10日放送のテレビ朝日系の番組『ロンドンハーツ』(毎週火 21:00 - 21:54)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光の妻、太田光代が出演し、お笑い芸人・田村淳と一緒に飲み、夫ではなく社長と所属芸人としての関係性について語り、仕事上の意見の相違で離婚の危機を迎えていたと明かした。

しごとのはなし
しごとのはなし

田村淳:爆笑問題の太田さんと、社長としての光代さんで、爆笑問題の今後を話すって機会もあるんですか?

太田光代:ないです。

田村淳:ないんですか。

太田光代:ただ、「ここで映画を撮りましょう」とか、「ここで小説を書きましょう」とか、長期プランでは話をしますけど。でも、そこで反抗期が来たりとかですね。

田村淳:ああ。

太田光代:「あなたが、やりたいって言うから、こうしてきてるのに」って。

田村淳:レールを敷いてきてるのに。

太田光代:「なんで、あなたが反抗期になるの?」って。

田村淳:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ロンドンハーツ

爆笑問題・太田、妻・光代と初めて会った日から同居していた「その日からずっと同じ家に」

2015.03.12 (Thu)
2015年3月10日放送のテレビ朝日系の番組『ロンドンハーツ』(毎週火 21:00 - 21:54)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光の妻、太田光代が出演し、お笑い芸人・田村淳と一緒に飲み、夫・光との馴れ初めについて語っていた。

しごとのはなし
しごとのはなし

田村淳:光代さんが、太田さんに惹かれたのはどういうところなんですか?

太田光代:全然、惹かれてなかったです。初めて会った日に、春ちゃん…春一番さん、亡くなっちゃったけど、同期なんですよ。同じ事務所でタレントになった。

田村淳:ああ、そうか。太田プロのね。

太田光代:私もタレントでしたから。その時、合同コントをやるってことになって。合同コントの打ち合わせで、ちょうどその時、お正月だったので、場所がなかったんですね。

田村淳:うん。

太田光代:それで、みんながウチに来たんです。それで、そのまま帰らないんですよ。

田村淳:太田さんだけ、残ってるんですか?

太田光代:はい。

田村淳:光代さんの家に?1人で?

太田光代:1人で。鍵を渡すのは、ちょっと危険じゃないですか。

田村淳:そうですね。

太田光代:だから、「鍵開けて行って良いから、帰ってね」って言ったんですけど、帰ったら、居るんですよ。

田村淳:うん。

太田光代:次の日も、「本当に、鍵開けっぱなしで良いから、帰ってね」って言ったら、また居るんですよ(笑)

田村淳:へぇ(笑)居座り続けたんですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ロンドンハーツ

西川史子、離婚を決意したのは爆問・太田光の妻の一言「もっと早ければとっくに別れてた」

2014.02.22 (Sat)
2014年02月21日放送のTBS系の番組『有吉ジャポン』(毎週金 24:20 - 24:50)にて、女医・タレントの西川史子が出演し、離婚を決意したきっかけは、爆笑問題・太田光の妻・光代夫人の一言だ、と発言していた。

女盛りは、賞味期限が切れてから
女盛りは、賞味期限が切れてから

有吉弘行:セカンドシングルですか(笑)

西川史子:そういうことです。

有吉弘行:ふはは(笑)

西川史子:11月から別居してるんですよ。それで私は、前に主人といた家に住んでて。3月から引っ越して、1人で新生活をするので、それに向けて、色々買いたいな、と。

有吉弘行:はい。どうですか?一人暮らしになって。

西川史子:ローンのことで、頭がいっぱいですね。

有吉弘行:そうですよね、新居買われたんですもんね(笑)

西川史子:そうなんですよ。サンジャポの方にもロケ来ないか、と(笑)

有吉弘行:稼がなきゃ、と(笑)太田社長は一人暮らしされてましたか?

太田光代:私はもう、17歳、高校生の頃から一人暮らしですね。

有吉弘行:そうですか。

太田光代:自立してましたから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉ジャポン

おぎやはぎ・矢作「実は懐が深い爆笑問題・太田」

2013.05.04 (Sat)
2013年05月02日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、爆笑問題・太田光について語られていた。2013年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [DVD]

小木「(ディズニーランドで出会ったため)『この間は、どうも』って言って」

矢作「うん」

小木「『恥ずかしいところ見られちゃったな』って(笑)」

矢作「言い訳してなかった?」

小木「言い訳?…太田さんって、花火とか見るのかなって思って。ディズニーランドの」

矢作「うん」

小木「『花火とか見たんですか?』って言ったら、『帰ろうとしたら、たまたま上がって見たんだよ』って」

矢作「はっはっはっ(笑)ウソつけ」

小木「『そういうたまたまとか、いいですから(笑)』って」

矢作「見たっていいじゃん(笑)」

小木「『そういう言い方しなくていいでしょ』って言い方になって。それで、『ウチは娘もいるし、花火はメインだから見て来ましたよ』って言って。そしたら、『そのまま小木家族は帰ったの?』って訊かれたから、『普通、帰るでしょ…太田さんは?』って言ったら、『いや、ミラコスタ泊まってさ』って」

矢作「完璧なコースじゃない(笑)」

小木「そう。次の日は、ディズニーシー回ったんだって」

矢作「凄いね」

小木「『ディズニーランドとか、ディズニー系は10何年振りなんだよなぁ』って言い訳したりとかして」

矢作「それは、ホントなんじゃないの?(笑)」

小木「それ、ニヤニヤしながら言ってたから。そういうのも要らないって(笑)」

矢作「『行った』でいいじゃないかってね」

小木「なんか言い訳してくるわけ」

矢作「優しいね。多分、興味ないじゃん。奥さんが好きだからだろうね」

小木「あと、スタッフさんが女性2人で。女性3人に対して、太田さん1人だからね。その光景もちょっとおかしいじゃん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき