大槻ケンヂ、忌野清志郎の経済的に不遇だった頃の伝説を紹介「武道館ライブの日に『銭湯が閉まるから俺は帰る』」

2015.06.03 (Wed)
2015年5月30日放送のテレビ朝日系の番組『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツッ!』(毎週土 26:15-26:45)にて、筋肉少女帯・大槻ケンヂが出演し、90年代のバンドブーム時、ロックバンドとして活動していた人々は経済的に不遇であり、忌野清志郎も同様にそうであり、とある伝説が残されていると語っていた。

ラストデイズ 忌野清志郎 太田光と巡るCOVERSの日々
ラストデイズ 忌野清志郎 太田光と巡るCOVERSの日々

大槻ケンヂ:イカ天ブーム、ホコ天ブーム、そして僕らインディーズバンドのブーム。この3つが重なって、89年くらいにバンドブームがきたんですよ。

吉田敬:なるほど。

小杉竜一:イカ天軍団と、ホコ天軍団とインディーズ軍団が、一気に噴火した感じ?

大槻ケンヂ:一気に。

小杉竜一:そのブームの中、一方、大槻ケンヂは…AVに出演(笑)

吉田敬:ウソでしょ?!

大槻ケンヂ:ここらへんがね、当時って無茶苦茶だったんですよ。なんて言ったらいいのかな…カルチャーとサブカルチャーがごっちゃになってたんですよ。

吉田敬:ちょっと待ってくださいよ。その時、筋肉少女帯・大槻ケンヂは…

大槻ケンヂ:デビューしてた。

小杉竜一:だから、人はそこそこ大槻ケンヂって知ってる頃ですよね。

吉田敬:なんで?

大槻ケンヂ:いや、面白そうだなって思って。さすがに、「カラミはなくて良いですか?」って言ったら、「その他の少年AかBの役ですから」って。

小杉竜一:ドラマ部分の登場人物で?

大槻ケンヂ:そうそう。それで当時、2日間で4万円もらったの。俺、当時、バンドの月給は3万5千円だったの。

小杉竜一:え?

大槻ケンヂ:だから、「バンドの月給より良いじゃん」って思ったのを覚えてますね。

吉田敬:え?ちょっと待ってくださいよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

大槻ケンヂ、ミスチル桜井和寿のブレイク前のエピソードを紹介「大槻さん、こんな大人数の前で歌うの最初で最後です」

2015.06.03 (Wed)
2015年5月30日放送のテレビ朝日系の番組『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツッ!』(毎週土 26:15-26:45)にて、筋肉少女帯・大槻ケンヂが出演し、ブレイク前のMr.Children桜井和寿のエピソードを紹介していた。

REFLECTION
REFLECTION{Drip}初回盤

小杉竜一:1984年に、筋肉少女帯がインディーズでデビュー。その時期、他にはX-JAPAN、ユニコーンがいた、と。

吉田敬:1984年の頃は、BOWIEさんみたいになろうってなってたんですか?

大槻ケンヂ:いや、未だになってないんですけど。

小杉竜一:誰が仲良かったんですか?

大槻ケンヂ:JUN SKY WALKERは、同期で、レコード会社も一緒だったんですよ。レコード会社が立ち上がって、JUN SKY WALKERと筋肉少女帯がほぼ一緒にデビューして。そのちょっと後に、Mr.Childrenがきたんですよ。

吉田敬:ほう。

大槻ケンヂ:JUN SKY WALKERの弟分みたいな感じで。

吉田敬:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

カンニング竹山、ザキヤマや有吉弘行に絶対にバレたくない秘密「大槻ケンヂのバンドに飛び入り参加」

2014.06.18 (Wed)
2014年06月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山(竹山隆範)が、15日に赤坂BLITZで開催された「TAKEROCK FES at AKASAKA BLITZ」で、大槻ケンヂのバンドに飛び入り参加し、一緒に歌った、と語っていた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」
カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」 [DVD]

竹山は、大槻ケンヂとともに『日本インド化計画』を歌い感動した、と語っていた。煽りに反応したオーディエンスからの掛け声も体験し、よほど感動したのか、ロックバンドへの憧れを竹山は口にした。さらに、実は学生時代、ロックバンドをやっていたという竹山は、久しぶりのその体験に「カッコイイなぁ。芸人と違って、ボケなくても良いし」と本音を口にしていた。

一方で、「ザキヤマ(山崎弘也)や有吉には、絶対にあの姿は見られたくない」と、イジられることを恐れていた。ロックバンドへの参加などを知られた日には、「ザキヤマに、『カッコつけるから、いつもダメなんじゃないですか』って言われる?」などと説教されてしまう、とザキヤマには秘密にしておきたい、と語った。

カンニング竹山:その後大槻ケンヂさんのバンドで、大槻さんに「(竹山もステージに)上がって来い!」と言われまして。

赤江珠緒:えぇ?!

カンニング竹山:それが一番感動したんですけどね。大槻ケンヂさんのバンドと一緒に、『日本インド化計画』を一緒に歌うっていう。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:いやぁ、嬉しかったな。

赤江珠緒:それは凄いです。なかなかできないことですよ。

カンニング竹山:なかなかできない。(観客を)煽るわけですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:俺が、「オイ!オイ!オイ!」って言うと、もうオーディエンス達も「オイ!オイ!オイ!」ってなる。

赤江珠緒:気持ち良かったんじゃないですか?

カンニング竹山:気持ち良い。本当に、ロックミュージシャンになりたいと思いましたね(笑)

赤江珠緒:ええ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太が語る「ももクロファンにtwitterで叩かれた真相」

2011.11.18 (Fri)
2011年11月16日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山里がももいろクローバーZの「労働讃歌」の作詞者を大槻ケンヂではなく、ヒャダインと間違えた件で、ファンから叩かれた件について語っていた。

山里亮太「僕がスッキリのナレーションをやってますけど、そこでももいろクローバーZの『労働讃歌』のニュースが入るワケですよ。そして、その中でテリーさんが言うワケですよ。『この曲って、オーケンさんが作詞やってんだよね』と」

「それを山里が、テリーさんがももいろクローバーZをそこまで知ってるって認識してなかったから、『あれ?テリーさん、なんか言ったな。曲のこと言ったな…』と思って、『ヒャダインさんが良いんですよね~』って言って、変な空気になったの」

「『あれ?変な空気になったなぁ』って思ってたら、その場を終わって、山里がケータイを見ると、『あれ?燃えてるね』って言って。『燃えた?』って、髪切った?くらいのテンションで、『燃えてるねぇ』って言って(笑)」

「その内容を見ると、テリーさんがまぁドンピシャなことを言っててくれて、『労働讃歌』って曲の作詞が大槻ケンヂさんなわけですよ。それって、大きな売りじゃないですか。『それを知らずに、何がももいろクローバーZファンだ』と。『"芸能界でも、ももいろクローバーZを一押してます"だと?ふざけるな!』っていうのが、たくさん来るワケですよ」

「あと、『サンタさん』の作詞作曲をしてるヒャダインさんが、ウチに来てくれたじゃない?前山田健一さんにまで、ちょっと気を遣わせちゃって。つぶやいてるのよ。ヒャダインさんが。『ももクロファンは、懐が深いことを知ってますので、どうか、山ちゃんをそんな責めないであげてください』って」

「その防御壁があったのか、収まりましたけど。…怒られたけど、自分でショックで。こんなミス…ミスというより、何も知らないんだなって。凹んじゃって。それで、つぶやきもしばらく出来なくなって。これは謝らなきゃいけないって思ったんだ」


さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論