本日の注目記事

南キャン山里、『モテキ』大根仁監督に「演技の才能は全くない」と断言される

2014.02.12 (Wed)
2014年02月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ドラマ出演することになった、と明かしていた。

去年ルノアールで ~深煎りブレンド
去年ルノアールで ~深煎りブレンド~ [DVD]

山里亮太(以下、山里):何のドラマかっていうのは、まだハッキリと言えないんだけど、とあるドラマに私、出てきまして。

赤江珠緒(以下、赤江):おっ!ドラマに、俳優さんとして?

山里:えぇ。役者としてね。難しいねぇ、心から思う。俺は向いてない。

赤江:難しいよね。でもさ、山ちゃんって、それこそ声のお仕事もしてるじゃないですか。

山里:うん。

赤江:器用に色んなことを、こなしてる感じがしますけどね。

山里:いや、全然違う。まず自分の言葉に全くなってない。覚えたことを言うのとか、頭の中にあることを言うのはできるけど、セリフね。人とのやりとりのセリフは、本当にヘタね。

赤江:俳優さん、そこを自然にスムーズに見せてるから、気づかないんですけどね。ドラマとか映画は、「自分がこういったら、相手がこう返す」っていうのは、分かってる上で(台本を読んで知ってて)言うわけじゃないですか。

山里:うん。

赤江:「え?なんで?」とか言うのも、その答えを知ってながらやってるからね。

山里:うん。しかも、何回もやるじゃない?ドラマって。それも照れちゃって(笑)

赤江:そうだよね。

山里:撮るじゃない?ヘタなりに一生懸命頑張るのね。セリフも何回も言ってるから覚えてるから、僕っぽさを出してみようかなって思ったら、その瞬間に「あ、ちょっとカット。音声のトラブルです」って言われて。

赤江:うん。

山里:止められちゃって。その時に、「これ、音声のトラブルってことにして、俺が傷つかないようにしてるけど、スタッフさんはみんな『色気出すんじゃねぇよ』って言ってんじゃないかな」って思って。

赤江:はっはっはっ(笑)そういうのスムーズにドンドンできるんですけどね(笑)

山里:そういうネガティブなヤツはね(笑)笑い声聞こえると、「俺の演技か?」って思って、ドンドン萎縮していくの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

南キャン・山里「『モテキ』大根仁監督に殴られる」

2013.10.03 (Thu)
2013年10月02日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、『モテキ』の大根仁監督との交流について語っていた。

あまちゃん
あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1

山里亮太「私、あまちゃんが終わってしまって、ポッカリと心に穴が空いた状態なんですけどね。『あまちゃんロス状態』ですよ」

「それに関することなんですけど、先日、ツイッターで『モテキ』の大根仁監督が、あることをつぶやいてたんですよ。『今日夜、あまちゃんの重要人物と会う。今からドキドキする』みたいな」




「それを見て、大根監督にメールしたんですよ。『大根さん、ツイッター見ました…ひょっとしたらなんですけど、能年ちゃんに会うんですか?』って。映画監督じゃない?会うって言ったら、、キャストじゃない?ひょっとしたら次回作とか決まってて、会うんじゃないかって思って」

「そしたら、なんて返ってきたか…『会うよ。今日夜、能年と橋本愛と飯3人で食うんだけど、山ちゃん、来る?』って。潮騒のメモリーズと飯を食う…俺は最初『それはいくらなんでも…だから、どこで食べるか教えてください。それで、すれ違わせてください』って言ったら、『何を言ってんだよ山ちゃん。おいでよ、4人で飯を食おう』って」

「それで、今の時点でキーボードで、『キルユー』って書いてる人もいると思いますよ。でも、受け入れるよ。そんなこと聞いたら、そうでしょうよ。僕がみんなでも、ヤっちまいたいもん」

「夜10時に待ち合わせで。仕事も早く終わっちゃって。でも、もう潮騒のメモリーズと御飯食べることになってるから…もうおかしくなっちゃってさ。この感情をどう抑えようって思って、DDTの男色ディーノに電話して一緒に御飯食べて」

「大根監督にも『記者についてこられないで、誰にも言わないで』って言われてるから言えないし。でもウキウキしながら男色ディーノさんと飯を食ってるから、『やだこの子…私を狙ってるのかしら』って思ったらしいのよ(笑)」

「指定された場所に行ったら電話して。そしたら大根監督が『周り誰もついてきてない?』って。『大丈夫です。タクシーできました』って。普通のお蕎麦屋さんよ」

「個室が見当たらないなぁって。こんなところにあの2人がいたら、パニックになるだろうって思ってたんだけど。それで、席に通されて。そこには、男性5~6人がいて。座った瞬間に、僕に大根監督が指さして、『いるわけねぇだろ!バカ!』って(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

映画『モテキ』・大根監督が語る「バナナマンの魅力」

2011.09.25 (Sun)
2011年09月23日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、映画『モテキ』の大根監督がゲスト出演していた。そこで、大根監督が、バナナマンの魅力について語っていた。

設楽「映画『モテキ』を観てて思うんだけどね…危ういじゃん。独り暮らししたての、オトナになりたての恋愛模様って。バランスが悪くて、崩れそうだけど、もの凄いバランスで保ってて、『マジ?できちゃうの?』とか、『できねんだ?』みたいな感覚がね」

大根監督「うん」

設楽「失礼な話だけど、大根さんがモテないから、そういう部分が描けるし、モテない部分を経験してるから、ああいう表現ができるし、モテるからこそ、女をあんなに綺麗に撮れると思うんですよ」

日村「なるほどね」

大根監督「でもね、それは俺がバナナマンに感じてることと一緒で、『30 minutes』で、おぎやはぎも居たわけじゃないですか」

日村「はい、いました」

大根監督「だけど、あれ以来、一切、おぎやはぎと一緒に仕事してないんです」

日村「そうなんですか?(笑)」

大根監督「してないよね。じゃあ、なぜ俺がバナナマンと仕事をして勝負かけてきてるかってことなんですけど、それはやっぱり、同じニオイを感じるからなんですよね」

日村「はっはっは(笑)」

大根監督「モテてない、モテてこなかった、っていうね。だって、おぎやはぎはモテてきたでしょ」

日村「矢作はモテそうですねぇ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマン・設楽が語る「映画『モテキ』の感想」

2011.09.25 (Sun)
2011年09月23日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、映画『モテキ』の大根監督がゲスト出演していた。そこで、バナナマン・設楽統によって映画『モテキ』の感想が語られていた。

設楽「ホント、映画『モテキ』は面白いし、洒落てるし、こういうの新しいっていうのも、ふんだんに入ってるし」

大根監督「でも、ベーシックには恋愛物語で」

設楽「前に、シネ通に来てもらったときも話したけど、一人一人の男女の恋愛映画っていっぱいあるじゃない?」

日村「うん」

設楽「その男女ワンペアの映画だけだと、痒いところに手が届かない、みたいなこともあるけど、このモテキでは、森山未來くんの、モテキが到来した女の子との話だから、1対複数人の恋愛を描かなきゃならないから」

大根監督「そうそう」

設楽「それを短い時間に消化させるって考えた場合、納得させなきゃならないし、違うパターンも持って来なきゃならないでしょ。作品としてみた場合」

日村「うん」

設楽「俺ら世代が一番、グッとくるかもしれないんだけど…これ、内容とかネタバレしても良いんですか?」

大根監督「大丈夫でしょ。大ヒットするし」

日村「はっはっは(笑)」

設楽「そこまで言うと、気持ち良いわ(笑)」

日村「クレイジーすぎて(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン