佐藤浩市「無駄に過ごす時間はあっても、無駄な経験はない」

2013.09.09 (Mon)
2013年09月07日放送の「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」にて、佐藤浩市がゲスト出演していた。そこで、経験の積み方について語っていた。

試行錯誤の中で学ぶ経験

佐藤浩市「『けたぐり』をよく若い頃してたんですよ」

木南晴夏「けたぐり?」

佐藤浩市「要は、本番でタイミングを変えたりして」

木南晴夏「お芝居の?」

佐藤浩市「うん。やったことない動きをしたりとか」

大東駿介「いきなりやるんですか?」

佐藤浩市「そういう"かまし"も随分しましたね」

加藤浩次「それが『けたぐり』ってことですか?」

佐藤浩市「相撲でいえば、がっぷり四ツではなく、かましてやろうか、みたいな」

大東駿介「…20代の頃、記憶に残っている作品は何ですか?」

佐藤浩市「やっぱり…『魚影の群れ』だね。相米慎二監督っていうのが、何も言わないんだ」

魚影の群れ [DVD]

大東駿介「相米監督って大変だって聞きますね」

佐藤浩市「大変だったよ。当時、22歳で。初日に俺と夏目雅子さんで話をするってオープニングのシーンから始まったんだけど、半日やって、『今日は(カメラ)回さねぇ』って言い出して」

木南晴夏「リハーサルを半日ってことですか?」

佐藤浩市「そう。『ダメだな、今日はやんねぇ』って言い出して」

木南晴夏「じゃあ、もう一回やるときは、『もう一回』しか言わないんですか?」

佐藤浩市「そう」

大東駿介「理由は言わないんですか?」

佐藤浩市「言わない」

大東駿介「『理由は何なんですか?』ってならないんですか?」

佐藤浩市「そういうことを言わせる雰囲気じゃないの。なんでなの?って聞いたとしても、鼻で笑って終わりなの」

大東駿介「へぇ~」

佐藤浩市「後々考えてみると、結局、言葉を紡いで出来た肉体的な表現なんか求めてなかったんだね。言葉で指導するんなら、犬に棒拾ってこいって教えるのと同じなので」

大東駿介「うん」

佐藤浩市「そうじゃなくて、役者が自分で『どう表現すべきなのか』ってことを、自分自身で考えて導き出したものじゃなければ、撮るに値しないってことだと思うんだよね」

木南晴夏「へぇ~」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  先輩ROCK YOU