爆笑問題・田中、西城秀樹と樹木希林が同じ年に亡くなった偶然を不思議に思う「なんだろうと思っちゃう」

2018.09.19 (Wed)
2018年9月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、西城秀樹と樹木希林が同じ年に亡くなった偶然を不思議に思うと語っていた。



田中裕二:秀樹さんと、希林さんが同じ年に亡くなるっていうのも、なんだろうと思っちゃうし。

太田光:うん。

田中裕二:実際の年齢なんて、10ちょっとしか離れてないくらいでしょ。それが、孫とおばあちゃんでやってたんだもんね、寺内貫太郎一家で。

太田光:そう、あの時はね。

田中裕二:30歳と20歳くらいのもんでしょ。

太田光:凄いですよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

樹木希林、ドラマ『時間ですよ』は向田邦子の脚本が遅く出演者たちでコントを作って繋いだと明かす「向田さん作ってないのよ」

2018.09.19 (Wed)
2018年9月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、ドラマ『時間ですよ』は向田邦子の脚本が遅く出演者たちでコントを作って繋いでいたと樹木希林が語っていたことを明かしていた。



太田光:樹木希林さんが、向田邦子さんの本をやったのは、『時間ですよ』と『寺内貫太郎一家』なんですよ。

田中裕二:はい。それだけなの?

太田光:それだけなんです。希林さんも若い頃ですよ。

田中裕二:30くらいかね。

太田光:「私はね、いい思い出あんまりないのよ」って言うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:寺内貫太郎一家のきんっていうおばあちゃんね。「あれなんか、僕は向田邦子さんは希林さんのこと本当に信頼して書いてると思うんですけどね」って言ったら、「あの方はね、その後ね、凄く立派な作家になられました。でも、あの頃はね、とにかく筆が遅くて」って。

田中裕二:まぁね。

太田光:「台本が来ないのよ」って言うわけ。『時間ですよ』なんかやってると。「そうすると、久世(光彦)さんと私でまだか、まだか」って。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、倉本聰と向田邦子の「戦争」の描き方の違いについて言及「向田さんの描き方は、やっぱり当時のリアル」

2017.10.04 (Wed)
2017年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、倉本聰と向田邦子の「戦争」の描き方の違いについて語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:作り手っていうのは、そういうこと(受け手側には様々な立場、年代の人がいるということを)をもっともっと考えなきゃいけないなって。

田中裕二:うん。

太田光:それでも、イヤだっていう。保毛尾田保毛男の話から始まって、要はさ、全部の人を納得させることはできないけども。

田中裕二:まぁまぁ、そうだね。

太田光:でも、嫌悪感っていうか…なんて言うの?アレルギーじゃなくて、まずい給食とかじゃなくて…

田中裕二:そういうことじゃねぇよ。違和感みたいなものとかね。

太田光:うん…拒絶感だ。

田中裕二:拒絶感。

太田光:拒絶感みたいなものを、俺は(ドラマ『やすらぎの郷』へ)感じちゃったんだよね。

田中裕二:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、森繁久彌が山口百恵・三浦友和の結婚披露宴でマスコミに向けた名スピーチ「靴の先を見なさい」

2014.09.17 (Wed)
2014年9月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、向田邦子の忘れられないと語っていたという名スピーチについて語っていた。

2014年度版 漫才 爆笑問題のツーショット
2014年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [DVD]

向田が山口百恵・三浦友和の結婚披露宴に出席した際、森繁久彌が最後のスピーチを行っていた。森繁は、休暇で訪れたロンドンで起こったという出来事について語っていたという。

ロンドンの公園で新聞を読んでいたところ、老婦人に声を掛けられた。「靴の先を見なさい」という不可解なことを言われ、靴の先を見たが、何も付いているというわけでもない。だが、「いいから、靴の先を見なさい」と繰り返された先には、名優が女性と2人でいる姿があったのだという。

驚き、まじまじとその名優を見る森繁に、老婦人は「彼はプライベートだから。…忘れなさい」と言って立ち去ったそうだ。

このエピソードを森繁は紹介しつつ、当時、百恵・友和というビッグカップル誕生に湧き、過熱するマスコミによる報道合戦を諌めるようにして「このたび、私は百恵さん友和さんの結婚披露宴にあたり、マスコミの皆さんに言いたい。『靴の先を見なさい』」と語ったのだという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題と鴨下信一が語る「今のドラマがダメになった理由」

2009.08.24 (Mon)
2009年08月23日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、『岸辺のアルバム』や『ふぞろいの林檎たち』といった人気ドラマの演出家である鴨下信一を招いて、現在のドラマについて語られていた。そこでは、演出家ならではの「今のドラマがダメになった理由」について、いくつかの要因に分けて語られていた。

海外ドラマとの違い

リスナーからの「国内ドラマは嘘くさい。ドラマの内容ではなく、誰が出ているか、といったことばかりが宣伝されている」といった指摘のメールが送られていた。

このことに対して、鴨下信一は「嘘くさくはないけれど、(今のドラマは)面白くないよね。海外のドラマの方が、面白く作る。圧倒的に面白く作るね。面白くないネタでも、面白く作る。ドラマはね、そんなに面白いネタなんて、無いんですよ。それをいかに面白く作るか、というのが重要なんであってね。それには、腕がいるんです」

この意見に対し、太田は「時間と金が、国内ではあまり無いのでは?」と指摘すると、「時間と金はね、あったほうがいいんですよ。でもね、あまり関係ない。無くてもそんなには関係ない。今のドラマはね、努力が足りない。全体の努力が足りない。外国のドラマは、金もなくて、制約も多くて。でも、面白く作ろうという気だけはある。韓流ドラマや昔の香港系のドラマとか、すごく面白い。そんなに面白いネタとか無いけど、面白く作るよね」

「それに、もう一つダメな点というのは、真面目なドラマを、面白く作れない。観ていると、つまらなく作ってしまっている。僕も『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』とか作っているけど、こんなドラマ、どんな風にして面白くしようかと、腐心した。そういう努力が、今のドラマには足らない」と鴨下信一は語っていた。

さらに、現場の雰囲気に関しても「トップダウンで、檄を飛ばしてもなかなか変わらない。昔からそういうところがある。一方で、香港の映画撮影所とかに行ったことあるけど、そこではみんな休んでても、監督は休んでいない。ダイハードとかを観て、ストップウォッチとかでシーンのカット割りの時間とかを計っている。そういう地道な努力をしていた」

役者のスケジュールについて

太田が「役者のスケジュールがタイトで、十分な時間がとれない。そうした点も、ドラマがチープになる原因では?」と訊いていた。この点に関して、鴨下は「役者の時間は、あまり関係ないのよ。海外の役者だって、あまり時間をとってないよ。それに、国内の俳優は、オーバーに言うんだよね。『死ぬほど稽古した。そうしなければダメ』とかって。でもね、そんなことない」

「だいたいね、海外でも40日くらいしか拘束しない。その点は同じ。でもね、ちゃんと『面白くしよう』って気概があった。国内の昔のドラマには、そういう気概があったんだよね。演出家も上手かったんだ」

ここからは、演出家ならではの話を以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー