千原ジュニア、劇団EXILEの舞台で共演のUSAや2,000人の観客を「はぁ?」とあ然とさせた失態を告白

2018.10.05 (Fri)
2018年10月2日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、劇団EXILEの舞台で共演のUSAや2,000人の観客を「はぁ?」とあ然とさせた失態を告白していた。



千原ジュニア:青山劇場で、2,000人ぐらい入る、劇団EXILEに俺、呼んでもうて、お芝居。

ケンドーコバヤシ:へぇ。

千原ジュニア:結構、シリアスな中国マフィアと、日本のマフィアとみたいな。

ケンドーコバヤシ:劇団EXILEは、本当にお芝居なんですよね。ダンスはないんですよね。

千原ジュニア:ダンスないです。

ケンドーコバヤシ:ああ、よかったです。

千原ジュニア:もしあったとしたらですよ、オファーくるか(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:そうなんですよ。で、USA君と対峙してやる、みたいな芝居で、タバコ吸いながら、みたいな。ホンマに舞台で火をつけて。

ケンドーコバヤシ:ああ。

千原ジュニア:その中国マフィアのUSA君と、日本のマフィアのボス同士が対峙して、「さぁこっからどうすんねん」みたいな言い合いして、そこでBGMが上がっていって、照明がバーンッくる。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:そこで俺が、胸元にポケットに手をつっこんで、銃出すんちゃうかってシーンなんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、ダーンっ、「一本吸うか?」って、タバコを出すってシーンなんです。

ケンドーコバヤシ:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!