おぎやはぎ小木、名だたる企業の入社試験をくぐり抜けた経験から「面接試験に合格する秘訣」を語る「面接官の欲してるものを見抜く」

2012.01.22 (Sun)
2012年01月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、面接試験に合格する秘訣は「ハッタリ」であると語っていた。



矢作兼:面接で印象が良い受け答えなんて、実は俺らは得意だよ。俺たちは面接がスゴイ得意なんだから。

小木博明:まぁね、面接でここまでやってきた、みたいなもんだから。

矢作兼:ふっふっふ(笑)まずもう、サラリーマン時代なんてのはね。小木は、スゴイ倍率の高い会社、ことごとく受かってるんだよ。

小木博明:そうなんですよ。全然落ちないんですよ。

矢作兼:そうなんだよ。高卒で。

小木博明:全然落ちないんだから。コツはね、面接官を見て、「何を欲しがってるのか」っていうのを、すぐに見抜くんですよ。

矢作兼:小木はね、欲しがってるのを見てるんだよね。小木は旅行会社にいたんだよ。最近は、海外志向が乏しいなんて言われて、留学者数が毎年減っているらしいじゃない。

小木博明:そうだよね、今はね。

矢作兼:俺たちの時代って、海外で働きたいって人が多かったじゃない。

小木博明:それが夢でしたよ。

矢作兼:それで、小木が就職情報誌で見つけたんだよね、「ハワイ勤務」っていう旅行会社を。

小木博明:そう。

矢作兼:そりゃあもう、倍率がメチャクチャ高いですよ。1人しかとらないんだから。

小木博明:倍率、百何十倍ですよ。

矢作兼:だよね。

小木博明:百何十人受けて、1人ですから。

矢作兼:どうやって受かったの?教えてやれよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき