加藤浩次 「仕事が無くなるということ」

2010.01.30 (Sat)
2010年01月29日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、価格.comの社長と対談した時の話をしていた。話の発端は、「人は出身地や性別、年齢などで味覚が違ってくるのではないか」ということを語っていたときのことだった。

「今日ね、『がっちりマンデー!!』の収録があって、価格.comの社長がゲストに来たんですよ。それでね、『食べログ』の話になった。『食べログ』って、一般の人たちがお店に行って、それを写真に撮ったりしてアップロードして、批評したりする評価できるサイトなんですよ」

「今までは、お店がお願いしてサイトに載せてもらったりするんだけど、『食べログ』は一般の人たちが自分でお店に行って、料理評価なんかをする。その時の話で、『そのサイトは、年齢や出身地とかが考慮されるんですか?』って言ったの。そうしたら、考慮されない、って言うんだよ」

「でもね、出身地や年齢で、味覚はかなり左右されるじゃない。そうなると、分からなくなるんじゃないかってことを言ったの。京都の人と北海道の人間では、塩気の濃さとか、全然違ってくるからね。そのことを話したら、『そうですね…開発者チームに言っておきます』ってことになった」

「それでね、そこから初代の価格.comの開発者(槙野光昭)の話になった。その方は、家電から始まって、秋葉原に足しげく通って全店の価格をサイトにアップすることを始めたんだって。その時、23歳でサイトを始めて、爆発的な人気になった。それで、28歳の時に会社を売ったんだって」

そこから「仕事をするということ」についての考えを、加藤は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂