山里亮太、HYの仲宗根泉が名曲『366日』制作時にダメ男と付き合っていた理由に驚く「とにかく、セックスが上手い」

2018.08.16 (Thu)
2018年8月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、HYの女性ヴォーカル仲宗根泉が名曲『366日』制作時、ダメ男と付き合っていた理由に驚いたと語っていた。



リスナーメール:山ちゃん、『Melodix』見たよ。中野のキャバクラでHY歌ってるエピソード、恐る恐る本人に話したのに、本人にエピソードのほうがめちゃくちゃ強かったね。

山里亮太:めちゃくちゃ強かったからね。HYの『366日』っていう歌があるんですけどね。これ、全員面白いの、HYって、トークが。

中でも、ヴォーカルの仲宗根泉さん。この人が、めちゃくちゃ面白い。女性のヴォーカルの人。『366日』って歌を作る時にね、凄いプロ意識よ。2年付き合ってた彼氏と、別れたの。

っていうのも、なんでかって言ったら、『366日』っていう歌は、別れ、どうしても大好きな人との別れを歌うから、それを歌うのに、自分が付き合ったままだと、それは本当に表現できないということで。別れたって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論