おぎやはぎ小木、『オンエアバトル』に出演すると営業の仕事が増えて「芸人として食っていけるようになった」と明かす

2019.03.29 (Fri)
2019年3月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、NHKの番組『爆笑オンエアバトル』に出演すると営業の仕事が増えて、「芸人として食っていけるようになった」と明かしていた。



矢作兼:(爆笑オンエアバトルの復活スペシャルで)みんな面白いよ。

小木博明:面白い人たちだわ。空気階段とか好きだし。

矢作兼:ねぇ。

小木博明:凄いもんね。

矢作兼:やっぱり(ディレクターの)岡澤さん凄いなって思ったもん。

小木博明:また岡澤さんが探してきて。

矢作兼:だってあれ、岡澤センスでしょ?あの10組。

小木博明:うん。

矢作兼:多分、そうだと思うよ。

小木博明:あれ、なに?またこれからやるってことなの?

矢作兼:分かんない。復活したいなぁ、ぐらいの。もちろん、評判よければNHKも考えるんじゃない?

小木博明:あれ、いいんだよね、本当に。全国放送だから。

矢作兼:そうね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ矢作、人力舎がかつてテレビ局への営業をせず「オーディションの話すら入って来なかった」ことに憤慨した過去

2019.03.29 (Fri)
2019年3月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、所属事務所・人力舎がかつてテレビ局への営業をせず「オーディションの話すら入って来なかった」ことに憤慨したと語っていた。



矢作兼:今週は色々…ああ、『オンエアバトル』の復活スペシャルあったね。あれ、出た。

小木博明:出たよ。

矢作兼:人力舎ばっかりいた(笑)

小木博明:『オンエアバトル』って、人力舎活躍してたしね。あれで人力舎っていうのが、本当になんか世に広まった気がする。

矢作兼:そう。あれはね、本当に人力舎は『オンエアバトル』様様だったのよ。当時ね、お笑いの番組って結構あってね、深夜番組とかあったんだけど。人力舎ってそもそも…今はまぁまぁちゃんとした会社になったんだけど。

小木博明:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ドランク鈴木拓、人力舎はタレントに「月1千万円を超えたら独立させる」システムであると明かす「高田純次さんや竹中直人さんも」

2019.02.12 (Tue)
2019年2月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、人力舎はタレントに「月1千万円を超えたら独立させる」システムであると明かしていた。



鈴木拓:人力舎には師匠がいないんですよ。

濱口優:へぇ。

鈴木拓:トップでアンジャッシュの児嶋ですから(笑)

濱口優:ええがな(笑)

有野晋哉:呼び捨てや(笑)

鈴木拓:ふふ(笑)その上に、オアシズさんが半年前にいるぐらいで。

山本彩:へぇ、若いんですね。

鈴木拓:人力舎自体はね、みんな辞めちゃうんですよ。

濱口優:ふふ(笑)そうなんや。

鈴木拓:よそ行っちゃって。

有野晋哉:B21さんもね、シティボーイズさんもそうでしょ。

鈴木拓:そうですね。高田純次さんとかもそうですし、竹中直人さんも。

濱口優:おお、そうそうたる。

鈴木拓:東京乾電池自体が、人力舎ですから。

濱口優:へぇ。

鈴木拓:みんな、ある程度売れたら辞めてっちゃうんで。

濱口優:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

おぎやはぎ小木、M-1グランプリ2017の決勝に人力舎芸人が進出していないことに言及「落ち目よ、人力舎は」

2017.11.17 (Fri)
2017年11月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、M-1グランプリ2017のファイナリストに人力舎の芸人が残っていないことについて、「落ち目よ、人力舎は」などと語っていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:M-1はジャルジャル、カミナリ、かまいたち、マジカルラブリー…知らないね。

小木博明:知らない。

矢作兼:ミキ、さや香…?

小木博明:これ、女の2人?

矢作兼:男。初めてだね。とろサーモン、和牛、ゆにばーす。だから、あとは知ってるけど。

小木博明:吉本がブワーッと入ってるもん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ小木、「人力舎の猛プッシュで出演数多い」との記事に反論「事情を知らない人の意見」

2015.12.25 (Fri)
2015年12月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、人力舎の猛プッシュで、年末年始のおぎやはぎの出演数が多いとする日刊ゲンダイの記事について、「(事情を)知らない人の意見」であると反論していた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る

矢作兼:俺、Yahoo!ニュースで見たんだけどさ、「おぎやはぎ 年末年始 出ずっぱり」って。

小木博明:うん。

矢作兼:1位なんだよね、俺個人で。

小木博明:矢作個人で1位でしょ。

矢作兼:「有吉抜き 年末年始“出ずっぱり芸人”におぎやはぎのナゼ?」ってタイトルがあってさ。

小木博明:うん、「ナゼ」って。

矢作兼:「年末年始出ずっぱりタレントの1位がビートたけし、19本なのは分かるとして、超売れっ子・有吉弘行とともに2位にランクされたのは、なんと、おぎやはぎ、いずれも18本だった」って。

小木博明:ほう。

矢作兼:「さらに言えば、矢作兼単独の出演も4本あり、これを加えるとたけしを抜いてトップに躍り出てしまうのである」って。

小木博明:へぇ。

矢作兼:やっぱり年末、忙しいなぁって思ってたもん。

小木博明:思ってた?今年。

矢作兼:今年、忙しいなぁって思ってた。

小木博明:ねぇ、1位じゃない。

矢作兼:でも、忙しいって思ってたけど、1位とかの忙しさではないと思ってた。忙しい人って、レベル違うじゃん。

小木博明:なんかね、全然違うよね。

矢作兼:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ「鬼ヶ島のネタではキングオブコント優勝できるわけない」

2013.09.27 (Fri)
2013年09月26日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、キングオブコント2013について語っていた。

鬼ヶ島 単独ライブ「地獄への通学路」
鬼ヶ島 単独ライブ「地獄への通学路」 [DVD]

矢作「キングオブコント2013、観た?」

小木「観ましたよ。何個か、ネタは」

矢作「録っておいたんでしょ?」

小木「そう。それで観て。面白かったよ、かもめんたる」

矢作「かもめんたる、優勝したね。ウチの後輩だと、鬼ヶ島がいて」

小木「はい」

矢作「鬼ヶ島が優勝してたら、6回中3回、人力舎が優勝してるってことになってたけどね。半分が人力舎なんて気持ち良いもんじゃない?だから応援してたんだけどさ」

小木「そう」

矢作「観たら、もちろん鬼ヶ島は面白いんだけど、優勝はキツイかね」

小木「あれはたしかに、優勝するネタではないと思うんだけどね」

矢作「2位で良いよね?アレ」

小木「ちょうど良いでしょう」

矢作「本人たち的には優勝したいって思うだろうけど。お金も入るし」

小木「うん」

矢作「でも、優勝するネタってあるからね」

小木「そうなんですよ。だから、かもめんたるは優勝に相応しいネタでしたよ」

矢作「そうだよね」

小木「文句ないね」

矢作「面白かったよね」

小木「ちゃんとしてたし。鬼ヶ島は、無理だよ」

矢作「鬼ヶ島、よくやったよね。アレ、一歩間違ったらビリだぜ?ああいうネタって」

小木「そうそう。何も知らないで観たら、視聴者はビックリするんじゃない?鬼ヶ島のネタ見て。『なんじゃこれ』ってなるでしょ?」

矢作「そうだね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ・矢作、事務所独立を画策か

2013.09.12 (Thu)
2013年09月11日放送の「ナカイの窓」にて、おぎやはぎ・矢作が現在所属している「人力舎」からの事務所独立について語っていた。

おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]

心理カウンセラー・塚越友子「ツインプラネットの事務所がVTR紹介された時に、ギャルがいっぱい出てきて、ものすごい嫌な顔をされたので、もう仕草からして背を向けて」

おぎやはぎ・矢作「いやいや(笑)」

心理カウンセラー・塚越友子「モー娘。のみなさんがいらっしゃった時に、また凄く嫌な顔をされたんですよ」

土田晃之「それは問題だな(笑)」

おぎやはぎ・矢作「はっはっはっ(笑)ホント?」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎが吉本興業ではなく人力舎に所属したワケ

2013.01.02 (Wed)
2012年12月27日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、加藤浩次がゲスト出演していた。そこに、石橋貴明が乱入していた。そこで、おぎやはぎが吉本興業ではなく、人力舎に所属したことついて語っていた。
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]
加藤浩次「初めて会ったとき、小木とか矢作は自信満々でしたよ」

石橋貴明「売れる、と」

加藤浩次「はい」

石橋貴明「でも、それは絶対に必要だと思うよ」

加藤浩次「俺らもそうだったんですけどね。でも、『どんなお笑い好きなの?とんねるずみたいの?』って訊いたら、矢作は『まぁ…好きですけどね』って。『ダウンタウンみたいなの?』って訊いたら、『いやぁ、そういうんじゃないんですよね』って」

矢作「ふふ(笑)」

加藤浩次「『ナインティナインみたいなの?』って訊いたら、『あぁ、そういうんじゃないんです、僕』って。それでどんなの目指してるんだって訊いたら、『いや、僕ら独自なの目指してます』って言われて。イラっときて、俺」

矢作「はっはっはっ(笑)」

加藤浩次「『舞台にも一回も立ってないヤツが、何を言ってんだ、お前は!』って」

矢作「うん(笑)キレられた。あの時、(加藤)浩次くんは芸歴5年目くらいの時でしょ?1番苦労してる頃だよね」

加藤浩次「うん。一番苦労してた頃だよ。自分が」

石橋貴明「そりゃあそうだよね。コンビ組んですぐくらいのヤツが(笑)でも、俺も言われたよ、若い頃に。『お前のその態度はなんだ!』って。こっちは『はぁ…』ってなって。『お前らが目指してるのは何だ?』って言われて、『僕はタモさんみたいに…』って言ったら、『ふざけんじゃねぇよ、この野郎!19やそこらで』って怒られて。俺もそういった意味では、よくキレられた(笑)」

加藤浩次「ふふ(笑)」

矢作「なんでそんな尖っちゃうんでしょうかね?」

加藤浩次「まだ始まってないからな。この世界」

矢作「変なカッコつけがあるんだよね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ、ロッチ「お笑い芸能事務所の違い」

2010.10.16 (Sat)
2010年10月14日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、ロッチ(コカドケンタロウ、中岡創一)がゲスト出演していた。

矢作「コカドくんは、吉本、人力舎、ナベプロって事務所を移ったでしょ。全部雰囲気違うでしょ?それぞれのカラーというか」

コカド「全然違いますね」

矢作「その違いを教えて」

コカド「まず、吉本から人力舎に移ってからの、楽さが全然違うんですよ。大阪だったら、9割が吉本じゃないですか。だから、大阪だと事務所を選ぶ、みたいなのがほとんどないんです。東京に来てビックリしましたよ。こんなに事務所があるってことに」

小木「よく人力舎を選んだよね」

コカド「その時に、オンエアバトルとかを見ていて、『人力舎』って名前をよく聞いたんです。でも、大阪からしたら全然知らなかった」

小木「その中で、好成績を収めていたよね」

コカド「みんな面白いんですよ。だけど、全然、テレビに出られていなかった。これは、事務所のせいだ、と気がついたんです。こんなに面白い人がいっぱいいるのに、テレビに出られないのは完全に事務所のせいだって思ったんです」

矢作「良い判断だね。冷静だ」

コカド「それで、人力舎を辞めたんです。東京っていうのは事務所の力がスゴイってことを聞いて、大手の事務所に行こうってことになって、ナベプロに入ったんです。そうしたら、行った瞬間に人力舎に居た人たちがどんどんテレビに出だして。はねるのトびらにドランクドラゴンとか、アンタッチャブルとかおぎやはぎとかね」

小木「うんうん」

コカド「事務所に残ってたら良かったって思ったんですけど、もう遅いですからね」

小木「でも、良い選択だと思うよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

アンタ・山崎「これからの若手芸人は、吉本に行くべき」

2010.02.07 (Sun)
2010年02月04日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」は、柴田英嗣の無期限休業に伴い、ゆってぃがピンチヒッターで登場していた。そこで、最近の若手芸人の動向について語られていた。

話の発端は、「スクールJCAの授業について」という内容のネタメールがリスナーから届いたことだった。山崎は「スクールJCAの授業のことを知っているんだ」と驚いた様子であった。

スクールJCAとは、東京初のお笑い専門学校である。3期生(1994年入学)にはアンタッチャブルがおり、ゆってぃは4期生(1995年入学)である。ゆってぃの同期には、北陽がいる。

山崎は「俺とゆってぃは、年齢も芸歴も一年しか違わない。だから、学校で習っていたことはあまり変わらないんだよね。今でも、同じ様な授業をやっているのかなぁ」と話していた。

これを受けて、ゆってぃは「僕らの頃は、月水金曜日に授業があったじゃないですか。それが、2クラスになったんです。月水金クラスと、火木土クラスに分けられたんです。人数が増えたんです。それこそ、アンタッチャブルさんが出てきて一気に増えたんですよ」と話していた。

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ