美輪明宏が語る「三島由紀夫と江戸川乱歩との出会い」

2009.11.24 (Tue)
美輪明宏ベストセレクション2009年11月22日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、『27人の証言』コーナーで三島由紀夫の特集が行われていた。ゲストは美輪明宏であり、三島由紀夫との思い出を語っていた。

「昭和26年ですかね、終戦後です。私(わたくし)が長崎から歌手になりたくて国立の音楽学校に通ってたんです。でも、ウチが破産したんでアルバイトしなくてはいけなくて、銀座の4丁目の喫茶店で働いてたんです。それで、その2階がクラブだったんです」

「始めは女の人がたくさんいたんですけど、よそに引っこ抜かれて辞めてボーイばかりが残ってたの。綺麗なボーイさんばかりが残ってた。そこは、以前から有名人、知識人とか政財界の人たちが来ていて、そのままだったんですよ」

「それで、売り出し中で、知る人ぞ知るといった感じだった三島由紀夫さんが来ていて、出版社の人たち大勢に囲まれてきていた。でも、私は1階の喫茶店で働いてたから、関係なかったの」

「でも、『あの子を呼んでこい』って言われたの。でも、ホステスでも女給でもないからって言って、行かなかったの。それでも何回も呼びに来られて、『お願いだから…チップをはずむから来てくれよ』って言われて行ったの」

「『丸山(三輪の本名)です』って自己紹介したら、『何か飲むか?』って言われて。でも『いえ、私は芸者じゃないから結構です』って言ったら、『可愛くないこだな~』って言われたの。それで私は『綺麗だから、可愛くなくて良いんです』って言ったの。なんて生意気な子だろうって、散々いわれたの。それで、サッと帰って来ちゃったの。それが気に入ったみたいね」と話していた。

一方で、江戸川乱歩との出会いは以下のようなものだったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

安部譲二が語る「三島由紀夫との思い出」

2009.11.24 (Tue)
若きサムライのために (文春文庫)2009年11月22日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、 コーナー『27人の証言』の中で、安部譲二が三島由紀夫との思い出話をしていた。

「僕は、あのときゲイバーの用心棒やってたんだよ。銀座の、今のプランタンがあるところだった。あそこは、日本人のとっても綺麗なゲイボーイがいて…ジミーだとかケニーだとか、呆然とするぐらい綺麗だった。それを、外人客が取り合いをするんだよ。それを、僕が仲裁してたんだ」と安部譲二は語り出した。

「中に入って止めたり、鎮圧したりしていた。その用心棒さ。銀座のゲイバーには、日本のお客っていうのは本当にチラホラさ。そのチラホラの日本人のお客の中に、三島先生がいらしてね。けど、ゲイボーイたちにまるでモテないんだよ」

そこから、以下のような三島由紀夫との思い出を語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー