伊集院光が語る「『ALWAYS 三丁目の夕日 64』の感想」

2012.01.25 (Wed)
2012年01月23日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を観た感想について語っていた。

伊集院光「『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に行って参りまして。行く前に、『こんな感じの感想なんだろうな、俺』って思ってましたけど、その通りの感じになりました。今、1,800円くらいで観られると思いますけど、1,800円出して、1,800円くらいの映画です。だから、悪くはないと思います」

「ただ、これだけは言わせてもらいます。あのね、3Dメガネで観ると100円アップするんだけどさ、3Dの意味が何一つないんだけど(笑)何一つもない。一個もない(笑)というか、3Dにしたお陰で、見づらいです。正直。監督の好みや焼き方もあると思いますけど、3Dにすると、奥行きとか3D映像になりますけど、ハッキリとしたコントラストとかは出づらかったりとか、もっといえば全体にピントが合わないから、見づらいんですよ」

「小雪のツラの曲がり具合とかは、それなりに(笑)『小雪、やっぱりしゃくれてる』みたいな(笑)…そんな3D発達してないよ(笑)なんか分かんないけど、それくらいで。3Dの意味が無い」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力