明石家さんま、舞台『七人ぐらいの兵士』千秋楽で高齢女性が大声で喋り出すトラブル「『もう終わった』と思った」

2015.08.30 (Sun)
2015年8月29日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、舞台『七人ぐらいの兵士』の千秋楽で、高齢の女性が喋りだしてしまうトラブルに見舞われたと明かしていた。



明石家さんま:大阪の千秋楽(舞台『七人ぐらいの兵士』)で、90歳くらいのおばあちゃんが、前から2列目で、娘さんと2人で来てはって。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:途中で疲れはったのか何なのか。俺らがセリフ喋ってるときに、「ユミちゃん(娘の名前)!ユミちゃん!」って。俺らより大きな声で。

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:「ユミちゃん!おトイレ。ユミちゃん!」って。それで、俺が「真実というのはなぁ…」ってセリフで。「真実はね!」とかって言い出して。もう、どうしようって思って。

飯窪春菜:ああ…

明石家さんま:もう、中尾(明慶)と俺のシーンやってんけどもやなぁ。「ユミちゃん、ほら!」とか。娘さんが慌てて行こうと思ってんねんけど、2列目のどまんなかで。90超えてると思うねんけど。「引っ張らないで!」とか言って。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:ユミちゃんが、外に連れ出そうとして。「引っ張らないで!」とか。もう、舞台、どうしようって。

岡井千聖:そんなことないですよね、なかなか。

明石家さんま:それもよりによって千秋楽で、みんながセリフを成仏させようと思って、キチッキチと行くねんね。芝居の連中って、楽日はセリフをちゃんと成仏させたいって人が多いねんな、役者さんって。

飯窪春菜:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

明石家さんま、『27時間テレビ』出演と舞台のハードスケジュールに本音「体がもつかどうか」

2015.07.12 (Sun)
2015年7月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、25日放送のフジテレビ系の番組『27時間テレビ』と、現在、出演中の舞台『七人ぐらいの兵士』でのハードスケジュールに、「体がもつかどうか…」と本音を漏らしていた。



明石家さんま:今、私はシアター・コクーンというところで、舞台をやってる最中なんで。

田中れいな:はい。

明石家さんま:これが26日までやってるんですけども。だから、出演メンバーがビックリしてんのは、25日の舞台が終わってから、『27時間テレビ』やるんですね。

森咲樹:ああ、そうだ。

明石家さんま:岡村とか、中居とかでやるんでしょう。僕はコーナーで、2つ。いつもさんま・中居のコーナーがあるんで、夜中までやって、次の日曜日が、昼間、舞台なんですよ。

村上ショージ:ああ。

明石家さんま:多分、『27時間テレビ』で俺を観た人が、シアター・コクーンに来て、俺を観たら驚きはると思うねんけど。それまで、体がもつかどうかっていう(笑)

森咲樹:そうですね(笑)

田中れいな:うわぁ、ハードだぁ。

明石家さんま:それが今、一番の心配。

森咲樹:うわぁ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日