山里亮太、映画『ズートピア』の『ブレイキング・バッド』パロディに興奮「ツイッターで気づいてますアピール」

2016.06.01 (Wed)
2016年5月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ディズニー映画『ズートピア』にドラマ『ブレイキング・バッド』のパロディが登場するシーンがあることに興奮したと語っていた。



『ズートピア』では、ヒツジが物語のキーとなる青い薬を生成しており、その黄色いジャンプスーツや防護マスク、手下の名前が「ウールターとジェシー」ということからも、『ブレイキング・バッド』のパロディであるとの指摘と考えられる。

赤江珠緒:『ズートピア』観に行ったんでしょ?

山里亮太:観たよ、『ズートピア』。赤江さんはまだ観てないんでしょ?

赤江珠緒:観てない。あの町山(智浩)さんに紹介された、ディズニー映画のね。アニメだよね?

山里亮太:アニメ。むっちゃくちゃ面白い。

赤江珠緒:ああ、そう?観た人が、みんな「良い」って言うんだよね。

山里亮太:今さ、映画は流行ってんのかね?…映画を使って、アメリカ人を教育しようとしてんのかね?一生懸命(笑)

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:物凄い、散りばめられてんのよ。本当に、色んな世界の問題なんですかね。よくアメリカで取り沙汰されるような問題が、物凄く分かりやすく動物たちがディフォルメして教えてくれんの。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:しかもそれが笑えるし。

赤江珠緒:へぇ。

山里亮太:それで、町山さんに聞いてると、「ここがそういうメッセージだ」って思いながら観ると、その数だけどんどん面白さが倍々になっていって。

赤江珠緒:へぇ。

山里亮太:あと、町山さんに教わってないのに、『ズートピア』が用意したボケに気づいた時の嬉しさ。

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:「センス!」って思う(笑)「山里センス!」って(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび