伊集院光、ブルーハーツの甲本ヒロトが突然ラジオブース内に入ってきた過去を明かす「なんか用?」

2019.01.21 (Mon)
2019年1月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、THE BLUE HEARTSの甲本ヒロトが突然ラジオブース内に入ってきた過去を明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:先週の木曜日に、文化放送出させてもらったんですよ。

新井麻希:あっ。

伊集院光:大竹まことさんの『ゴールデンラジオ!』が、3千回記念ってことで。さすがにこの局で「出てきますよ」って言うのもさ。裏番組の『たまむすび』にも迷惑かかるしさ。

新井麻希:はい。

伊集院光:ましてや、木曜って言うと、ピエール瀧君の日なんで、あとでシメられるから。

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:だから、言わずに言って。タイムフリーとかだったらその辺、関係ないからよかったら聴いてほしいんですけど。

新井麻希:はい。

伊集院光:よそさんのさ、隣の芝生じゃないけど、よそのスタジオってカッコイイね。

新井麻希:カッコイイですか?

伊集院光:新井ちゃんはFMもやってるでしょ?

新井麻希:はい、やってます。

伊集院光:だからTBSと差が分かると思うけど。俺は基本的にはTBSばっかりだから。だからよそは分からないんだけど、文化放送カッコイイんだよ。

新井麻希:何が違います?

伊集院光:まず僕が一番最初に、旧旧ニッポン放送。ニッポン放送は、移ってるから。旧ニッポン放送はお台場、その前のニッポン放送のスタジオが凄い好きだったのは、生放送のスタジオがいくつか並んでて、ガラスの向こう側は、そこを移動する通路、廊下になってるわけ。

新井麻希:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

スピードワゴン小沢、雑誌の取材でブルーハーツ真島昌利を「マーシー」と呼んで話していたことを「田代まさし」と書かれてしまった過去

2019.01.09 (Wed)
2019年1月8日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、雑誌の取材でブルーハーツ真島昌利を「マーシー」と呼んで話していたことを、「田代まさし」と書かれてしまった過去について語っていた。

宮迫博之:何の思い出があるの?

小沢一敬:これは、THE BLUE HEARTSっていうバンドのデビューアルバムの一曲目なんですけど、『未来は僕らの手の中』って。

THE BLUE HEARTS


宮迫博之:ああ、好き好き。

小沢一敬:中学2年の時に、ブルーハーツがデビューアルバム出すんですけど。あんまり学校も行かなかったりで、家でプラプラしてたら。

宮迫博之:家でプラプラ?

小沢一敬:ドラクエやってたのかな。そしたら同級生が家に遊びに来て、「すげぇバンドいんだよ」って。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:カセットテープを置いて帰ったのよ。

宮迫博之:ほう、ほう。

小沢一敬:ブルーハーツみたいなジャンルの音楽を聴いたことなくて。「こんなバンドいるんだ」って思って、本当に家の中で「ワーッ!」って叫んだんですよ、僕。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:凄いの見ちゃったって。

宮迫博之:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

古舘伊知郎、ブルーハーツ甲本ヒロトに「歌の才能がなかったら、ただのチンピラ」と捨て台詞を吐いた過去

2016.12.18 (Sun)
2016年12月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』にて、フリーキャスター・古舘伊知郎が、THE BLUE HEARTSの甲本ヒロトに対し、「歌の才能がなかったら、ただのチンピラ」などと捨て台詞を吐いた過去について語っていた。

喋らなければ負けだよ


古舘伊知郎:『夜のヒットスタジオ』、SUPER、DELUXとやってました、私ね。1987年12月30日ですよ。これね、調べ直してちゃんとね。記憶ウソついてません、12月30日にね、ブルーハーツが無名の時に出てきたわけですね。

で、甲本ヒロトが登場したわけです。やっぱり凄いなって思ったのは、ヘラヘラヘラヘラして、「おかしな人」みたいに演じてる印象だけがあったんだけど、見返すと、前半はキチッと宣伝してます。

「俺んところのバンドがライブやるんだけど、本当のこと言うと、僕は正直なウソつき、いや、ウソつきな正直。本当のこと言って、まだ余ってますチケット。ここに出たら、チケット埋まるかも、イエー」とかってちゃんとやってんですよ。

でも、俺の訊いたことには答えてくれない。俺は段々、段々イライラしてるわけ。後半は自分のライブの宣伝が終わって、役目果たしたと思ったら、何を訊いても「ラリラリッパ」とか言ってるわけですよ。

何を訊いてもダメ。「資料によると、こういうこと言ってるけど、どうなんですか?甲本さん。でも、凄い才能でしょ?」って言っても、「あそこに○○が見える」って言って。「ダメだこりゃ」って。本当にドリフターズじゃないけど、「ダメだこりゃ」って。

「なんだコイツら」って思って。「じゃあ、スタンバイしてください」って送り出して。その時、捨て台詞吐いちゃったんだよな、俺はね。芳村真理さんが隣で。真理さんは、司会あんまり真面目にやらないんで、俺に全部やらせるんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン