伊集院光、ぶっちゃあが自分の冠ラジオ番組のスタッフに「伊集院は、俺が呼べば来る」と必死にアピールしていたと暴露

2017.09.26 (Tue)
2017年9月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ブッチャーブラザーズのぶっちゃがDJを務めるbayFMのラジオ番組『ぶっちゃあのロッカールーム』(10月6日より毎週金 20:30-20:56)にゲスト出演し、そこでぶっちゃあが「伊集院は、俺が呼べば来る」と必死にアピールしていたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:ブッチャーブラザーズのぶっちゃあさんっていうオジさんがいるんですよ。東京の売れっ子芸人の…東京の売れっ子芸人を辿っていくと、必ずぶっちゃあさんを踏んでるっていう(笑)

ぶっちゃあさんに行き当たるってよりも、ぶっちゃあさんを2~3度踏んづけてるっていう。そういう人なんですけど。

いくつだ?61とかのオジさんがいるんですけど。わりと、遅めのデビューなんですよね。だから、結成37年とか言ってたからな。結成37年にして、ブッチャーブラザーズのぶっちゃあさんが、初めてラジオで冠番組を持ったの。

bayFMで、『ぶっちゃあのロッカールーム』っていう番組が始まることになって。で、どうやらほうぼうに吹いたらしいのよ。かなり色んな芸人を面倒見てるって。「だから、声をかければ誰でもきてくれるから」って話になり、俺に白羽の矢が立っちゃって(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

カンニング竹山、還暦を迎えた大先輩・ぶっちゃあを事務所の芸人全員でお祝い「60年で一番嬉しい、楽しい誕生日」

2014.12.05 (Fri)
2014年12月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、ブッチャーブラザーズ・ぶっちゃあの還暦の誕生日を事務所の芸人全員でお祝いしたことを語っていた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」
カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」 [DVD]

カンニング竹山:ウチの事務所に、ブッチャーブラザーズっていう大先輩がいるわけですよ。伊集院光さんのラジオなどでお馴染みの、ぶっちゃあさんなんですけど。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:元々、2人は東映・太秦の大部屋役者だったわけですよ。

赤江珠緒:役者さんだったんですか。

カンニング竹山:ぶっちゃあさんと、リッキーさんで。ウチの事務所の一番上の、森田健作さん…千葉県知事ですね。その人が、若い時に東映の時代劇に主役として出てて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:大部屋だから、若い俳優達がいるじゃないですか。その時にぶっちゃあさんとリッキーさんに、森田健作さんが、「お前ら面白いな。東京に来い」って、引っ張ってきたんですよ。

赤江珠緒:ええっ!?

カンニング竹山:自分の付き人とかをさせてて。当時、『笑ってる場合ですよ』っていう、『笑っていいとも!』の前の番組で、「君こそスターだ」ってコーナーがあって。そこに出てて。

赤江珠緒:へえ~。

カンニング竹山:サンミュージックにいたけど、辞めて人力舎に行ったり。独立した後に、20年くらい前かな…もう1回、サンミュージックに戻ってきて。ダンディ坂野が弟子で、あと何人か弟子がいたりしたけど、そこからサンミュージックのお笑い班が始まったわけですよ。

赤江珠緒:ええ。

カンニング竹山:ブッチャーブラザーズが一番上ですね。若手のネタ見せでアドバイスしたり、世話してくれたり。リッキーさんは、実はサンミュージックの取締役だったりするのわけ。

赤江珠緒:へぇ。

カンニング竹山:ある時、リッキーさんと僕が話してたら、「今月末、ぶっちゃあが還暦なんだ」と。それで、「よし、わかった。僕が一肌脱ぎますわ」ってことで、サンミュージック芸人全員でサプライズパーティーをしようと。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:LINEでチームを作りまして。ぶっちゃあさんには、「その日はちょっと真面目な話があるから、仕事が終わりで、新宿の店に来てください」と。変な空気を出して。

赤江珠緒:変な空気?(笑)

カンニング竹山:どっちかと言ったら、俺はリッキー派だから。リッキー派の竹山が、ぶっちゃあさんにまともな話があると呼んでるから、変な空気になるじゃない。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:当日、全部で80人くらい来て。でも、入りきらないから、今回は最近入ってきた若手は悪いけど、勘弁して欲しい、と。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ぶっちゃあさんが、「なんやねん、何の話やねん」と言いながら座敷に入ってきたから、みんなで「おめでとうございます!」と。

赤江珠緒:ははは(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび