バナナマン・日村「吉瀬美智子に下着の色を訊く」

2011.04.30 (Sat)
2011年04月22日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、「ハガネの女 2」に出演したという日村勇紀が、主演女優・吉瀬美智子にパンツの色を訊いたことが明らかにされていた。

設楽「『ハガネの女』ね。吉瀬美智子さん主演のドラマなんですけど、僕も出させていただいてまして」

日村「はい」

設楽「前のシーズンの時に、『P計画』なんてものをこのラジオでやってまして(バナナマン・設楽「吉瀬美智子に下着の色を訊く」)。それは、吉瀬さんのパンティーの色を訊いてくる、そしてできれば毛をもらってきて欲しい、という『K計画』もやってましたね」

日村「ええ。設楽さんにそれを託したんですよね」

設楽「そうしたら、両方とも頓挫してしまったという」

日村「ふふっ(笑)できない、という」

設楽「そうしたら、『ハガネの女』のシーズン2が始まりまして。もう、放送されてます」

日村「始まってますね」

設楽「そして、今回ぶち上げた計画が、『ブー計画』で」

日村「なんだ、それはと」

設楽「これは、日村勇紀を『ハガネの女』に出演させるって計画なんですよね」

日村「そういう計画なんです」

設楽「前のシーズンからも、日村さんが『出れないか』みたいに言ってて」

日村「エライ方に言ってくれてたんですよね、設楽さんが」

設楽「そうです、そうです。僕がドラマ出ている間、桃鉄をずっとやってるからね。コンピューター対日村で、ずっとやってるっていう」

日村「メチャクチャ強いですからね」

設楽「はい。だからね、出れるところがあれば、みたいに思ってたんですよね。それで、今回は、本格始動ということで」

日村「はい」

設楽「それで、先週までの段階で、出演交渉した結果、OKが出まして」

日村「OKをね」

設楽「出演して良い、と。それが先週までで、今週、大きな動きがあったんですよね」

日村「そうなんです。もう、言いますけど、先週OKいただいて、今週、さっそく行ってきました。もう、『ブー計画』達成ですよ」

設楽「ブー計画っていうのは、日村さんが『ハガネの女』出演ってことなので、もうロケしたってことで、ほぼ90%以上、達成ですよ。オンエアでカットされない限り」

日村「よっぽどのことを、やらかさない限りね。それは分からないですからね」

設楽「オンエアされた時点で、計画は達成なんですけどね」

日村「はい。それで撮ってきたんですよ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマン・設楽「俳優としてのスタンス」

2011.04.02 (Sat)
2011年04月01日放送の「バナナマンのバナナムーン」にて、設楽統が『ハガネの女 season2』に出演するにあたり、俳優としてのスタンスについて語っていた。

設楽「『ハガネの女 season2』をやるんですよ。吉瀬美智子さんが、またね」

日村「パート2を」

設楽「小学校を舞台として、吉瀬美智子さんが小学校の教師で。僕も教師で、大学の友人でね。…子供たちがまた、演技上手いんだよ」

日村「うん(笑)」

設楽「メチャクチャ上手いの」

日村「なんで、子供たちってあんなに上手いの?」

設楽「俺、思ったんだけど。『少年マイロの火星冒険記』ってディズニー映画の吹き替えをやってた…龍馬伝なんかにも出てた濱田龍臣くん。天才なわけですよ。やっぱ」

日村「うん」

設楽「天才子役って言われるけど、大根子役は有名にならないわけですよ」

日村「うん、うん(笑)」

設楽「天才子役ばっかりがすり込まれるわけですよ」

日村「うん」

設楽「海外でもそうじゃん。『ホーム・アローン』のあの子とかも、みんな天才子役っていうのが結構な頻度で出て来てるでしょ」

日村「そうだね」

設楽「でも、大根子役がメインとかで出てこないでしょ。大根子役は使われないでしょ」

日村「あり得ないんだよ」

設楽「あり得ないんだよ。だから、天才子役しか出てこないから、すげぇなすげぇなって言われてるだけで、大根子役もいっぱいいるんだよ」

日村「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマン・日村「吉瀬美智子はどんな下着履いている?」

2010.06.05 (Sat)
2010年06月04日放送の「バナナマンのバナナムーン」にて、設楽統が出演しているテレビ朝日系ドラマ「ハガネの女」について語られていた。話の発端は、前回のラジオ放送で日村が「吉瀬美智子さんがどんなパンツを履いているのか、訊いてきてください」と設楽に言い出したことだった。

「共演者が仲良くすることが、ドラマの成功にも繋がる。だから、気軽に下着の色を訊けるくらいになった方が良い。設楽さん、吉瀬さんのパンティーがどんなのか、訊いてきて下さい。あと、できれば吉瀬さんの髪の毛を一本もらってきて下さい」と日村は言っていた。

このメチャクチャなお願いに対し、設楽は今回、「ドラマ撮影はありまして、たしかに忘れずにいたんです。外ロケでイスに座っていて待ちになってたんですけど、そこで『そういえば、ラジオでどんなパンツを履いているのか、訊いてくるように言われたな』って思って」

「それで、訊こうと思ったんですけど、訊けないね。だって、変態じゃん。訊こうにも、そこに持って行くまでの助走もなかったし。急にそんな話はできませんよ。飲んでいるわけでもないし、普通にしているときに、『ところで…』みたいな感じで訊けませんよ」と話していた。

それでも日村は「頭から、徐々に下の方に話を持って行けば良いじゃん。『素敵な髪型ですね、どこの美容院に行っているんですか?』から、『どこのメガネなんですか』『ネイル素敵ですね』から、どんどん下がっていって、『どんなパンティ履いているんですか?』って訊けばいいじゃん。そうなれば、違和感ないじゃん」

「こんなにも、リスナーからの賛同を戴いたことはないんですよ。『日村良くやった、もっとやれ』みたいな感じになっているのは、初めてなんですよ。だから、この『P計画』ね、これは続行していただきたい」と食い下がっていた。

さらに、以下のようなことが語られていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン