伊集院光が語る「映画 トロン:レガシーの感想」

2010.12.21 (Tue)
2010年12月20日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、映画『トロン:レガシー』を鑑賞した感想について語られていた。

「数字の出る世界っていうのは、なんでもそうだけどさ。映画とかも、今週チャートの1位だと思ったら、すぐに2位になっちゃったりとかさ。興行収入の世界記録を出しました、すぐに抜かれちゃったりするじゃないですか。それを痛感させられたのが、早くも『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を抜くツマらなさの映画を観ましたね」

「しばらくは抜かれないと思ったんですよ。だけど、抜かれましたね。まだヤマトの方がマシです。…言い方が変だけど、何て言うのかな…ヤマトは、変な話ですけど、観に行った方が良いと思うんです。こんな言い方は変ですけど、ヤマトが好きな世代の人と一緒に行って、こんなツッコミ所が満載の映画を逃す手はないと思うんです。逆にそう思うんです」

「本人たちがどう思うのか、TBSが俺にどう言って欲しいかは分からないけど、基本的にはそういうんだって良いじゃん。健全な楽しみ方でないってのは、百も承知だけどね。そういう意味では、『ヤマトはせっかくだから観ておけば』って映画なんですよ。だけど、『トロン:レガシー』はそうはいかないんですよ」

「ちょっとビックリしたでしょ。『トロン:レガシー』って、そうでないと思ったでしょ。…ヤマトみたいな映画を観に行こうと思うとき、僕の中には『ダメで元々』って考えがあるんです。変な話ですけど、『面白くないんだろうけど、万が一面白かったらどうする?』くらいなもんなんです。面白くなかった場合でも、面白くなかったってことで分かち合えればいいし、いくつか公開映画ある場合、その感想をフリートークで話せれば良いなって思うんです」

「今回の話で言えば、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観ずに、『トロン:レガシー』を観た場合、逃げるのかって思われるわけですよ(TBS協賛の映画だからといって)。ライムスターの歌丸くんも行くだろうと。それで色々言うだろうと。だから、まずは『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観ずにはいられないだろうと。それでヤマト行って、僕の中では沈没ですよね。イスカンダルまでたどり着くまえに沈没ですよね」

「だけど、みんなの注目作として、ああいう映画を観てトークをしてね。これが健全な映画の見方じゃないのは分かってますよ。僕だって本当に良い映画を観て、良い映画だったって言いたいわけですよ。だからこそ『トロン:レガシー』をとっておいたんですよ。だけど、まさかの…『トロン:レガシー』でしたね」

「もう、意味が分からないです。どうしたら、ああなってしまうのか。アレを観ていると、『アバター』って凄かったんだなって思えるんですよ。『アバター』って、理解した上で『アメリカ人ってこういう感じだよな』って思うんです。そのストーリーが好きじゃないんですよね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力