町山智浩、キング牧師の映画が50年もの間制作できなかったワケ「演説の著作権を遺族が管理している」

2015.01.22 (Thu)
2015年1月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、マーティン・ルーサー・キング牧師を題材にした映画『セルマ』(Selma)がアメリカで公開されたことを受け、なぜ、今までキング牧師が題材の映画が制作されてこなかったという理由について語っていた。

I Have a Dream! 生声で聴け!世界を変えたキング牧師のスピーチ (日英対訳)

町山智浩:キング牧師っていう人は、300年以上続いたアメリカにおける黒人の不平等を解決した人なんですよ。…完全には解決されてないですが、形だけでも解決した、凄い偉大な人で。

赤江珠緒:演説も、有名ですもんね。

町山智浩:ところがこの人、死後40数年も経って、1度も、この人を主役にした映画が作られてこなかったんですよ。

赤江珠緒:えっ?!そうなんですか、意外ですね。

町山智浩:50年間、ずっとハリウッドは作ろうとして。何度も、何度も、途中までいっては挫折。途中までいっては挫折…っていうのを繰り返してて。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:この間、スティーブン・スピルバーグが制作、オリバー・ストーン監督・脚本で進行していたのに、それも途中で頓挫したんですよ。

山里亮太:なんで、また?

町山智浩:次々と頓挫して。この『セルマ』という映画が、初めてのマーティン・ルーサー・キング牧師の映画なんですね。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:…偉人中の偉人なんですよ。それで、『セルマ』は、キング牧師の弱い面、悩んだり、試行錯誤している部分とか、人間的に弱い部分をさらけ出した部分を描いた、初めての映画なんですね。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:このキング牧師の映画が、今まで作られなかった理由も、そこにあるんですよ。キング牧師の演説は、全部、キング牧師の遺族が著作権を管理してるんですよ。

赤江珠緒:あの"I have a dream"ですか?

町山智浩:そうなんです。有名な演説は、全て管理していて。遺族の許可がないと、映画で演説が一切使えなくなるんですよ。

赤江珠緒:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび