岡村隆史、クリス・ペプラーをネタにした下ネタコーナーで本人が激怒しているのではと思い謝罪「申し訳ないなって」

2019.04.12 (Fri)
2019年4月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、クリス・ペプラーをネタにした下ネタコーナーで本人が激怒しているのではと思い謝罪していた。



岡村隆史:今日は、まさかまさかやったんですけれども。何もまぁ、分かってなかったんですが、今日吉本がなんかまたオーディション、最大規模のオーディションやるって言うて。

なんか韓国で、IZONEとかを発掘したオーディションを、この日本で開催するってなって。それのMCをやることになったんですけど。その記者会見に行ったら、なんとその進行がクリス・ペプラーさん。

ビックリしたんですけど。奇しくも、今日からまさかのね、「クリトリスペロンチョンマン」っていうコーナーが始まるというね、25年ラジオやってきたんですけど、最低のコーナーと言いますか。名前はね、変換して「クリチョンマン」みたいにしようかって言うてるんですけど。

変換してやっていくっていう、変換したらこうなってしまって。別にクリスペプラーさんのことを言ってるわけではないんですけども。耳に入ってたらイヤやなぁって思って。

最初ちょっと、自分の楽屋出た瞬間、4~5人パーッて通った瞬間にクリス・ペプラーさんいはったんですけど、挨拶するタイミングもなく。そのまま本番に突入して、「うわ、クリス・ペプラーさんや」と思いながら仕事、進んでいって。

まぁ、ちょっとタイミングがあればご挨拶と思ってましたけど。このコーナーも何年もね、「ウェットストリーム、ご機嫌いかがですか、クリス・ペプラーです」ってやらせてもらってますけど、ジェットストリームは、クリス・ペプラーさんやってらっしゃらないっていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN