伊集院光、元SMAPのオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』は園子温の監督パートを酷評「投げてんじゃねぇのか?」

2018.05.01 (Tue)
2018年4月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、元SMAPのオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』について、1本目の園子温監督によるパートはつかむどころか「投げてんじゃねぇのか?」というほどつまらなかったと酷評していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:あの映画(『クソ野郎と美しき世界』)が面白かったとは思わないの。「面白かった」とはさすがに…今後あれさ、配信とかになんだよね?恐らくね。2ヶ月限定公開で、いわゆるブルーレイとかDVDになるっていうよりは、課金配信とかになってくみたいなんだけど。

なんか、太田光だけ凄い才能あるっていう感じ。で、1本2本…1本目のつかみが多分…あれ、園子温監督だと思うんだけど。園子温監督、「投げてんじゃねぇのか?」っていう感じの。そのつかまなさから始まり。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、宇多丸が太田光に「今後も映画を撮り続けたまえ」と上から目線の批評をしたことにツッコミ「お前、どの位置から話してる?」

2018.05.01 (Tue)
2018年4月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画『クソ野郎と美しき世界』に対するRHYMESTER・宇多丸の批評について、爆笑問題・太田光へ「監督として今後とも撮り続けたまえ」などといった上から目線の批評をしていたことに「お前、どの位置から話してるんだ?」などとツッコんでいた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:宇多丸氏が、軽はずみに「いい」って言えば、「宇多丸氏が言ったんだから行く」ってなっちゃうじゃん。

で、それには「いやいや…」って、ちょっと注釈付きなぐらい、スタートがつまらないのね(笑)スタートと、全部のオムニバスのつなぎ部分がつまらないの。それと、多分スケジュールとか予算とかのいろんないびつなものが露呈してるやつだから、「面白かったぜ、万歳、万歳」ってやって見に行かれるのは多分、引っ掛かりがあるんだろうね。

かといって、ちょっと捨て置けない太田光の才能みたいなものがあるわけ。だから、いつもの多分これは宇多丸氏の感じとは違う、つまんない部分はつまんないって言っておかなきゃいけないし、かといって捨て置けない映画だし、みたいなところが、凄い行ったり来たりしながらトークが進んでくのね。凄い分かる(笑)

褒めすぎたなって思うと、ちょっと揺り返すとか。揺り返し過ぎたなって思うと、褒め直す、みたいなことがずっと続くわけ。

で、「分かるわぁ、これ見るとこうなるの分かるわぁ」って思うんだけど。吹っ切れたんだろうね。吹っ切れたあたりから、なんかもう「俺はなんでも言う」って決めたんだろうね。

「太田光には才能があるから、成長の度合いが伺える」と。「太田光の昔撮ったオムニバスに比べたら、成長の度合いがもう伺えて、大変よろしい」と。「今後とも撮り続けたまえよ」ってトーンになってくるのね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、ライムスター宇多丸の映画『クソ野郎と美しき世界』批評に見る玉石混交な評価に賛同「全体的にクソつまんねぇ所が多い」

2018.05.01 (Tue)
2018年4月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画『クソ野郎と美しき世界』に対する、RHYMESTER・宇多丸の批評について、その作品に対する玉石混交な評価に賛同すると語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:他人(ひと)のラジオ、あのさぁ、同業者にラジオって聞かれたくないんですよ、基本的に。ラジオは、少しでもたくさんの人に聴いてほしいですけど、同業者は嫌なんです。同業者と家族は、あんまラジオ聴いてほしくないんですけど。

同業者のラジオって、こういうことだから俺は聞かれたくないんだけど。たまたま、宇多丸氏のラジオを聞いたんですよ。聞いて、「気持ち分かるわぁ」って。

何から話せばいいのかな…太田光氏が、映画を撮りました、と。SMAPの…今、新しい地図みたいな。その人たちの映画で、『クソ野郎と美しき世界』っていう。しかもこれ、オムニバスの中の1本を太田光氏が撮ってて。

で、太田光氏に会った時に、「伊集院、見てくれよ。ちゃんと見ろよ。それから、見た感想をラジオで喋れ」とまで言われてて。ほぼ強制ですよね(笑)

しかもそれがさ、業界内であんま試写会とかないの。普通、あるじゃん。ないの。で、とにかく2週間しか公開がなくて、そこにSMAPファンの人がいっぱい行く中、見に行くしかないの。

で、「じゃあ行きますよ」って感じで行ったんだけど。なんつーのかな、難しいんだよ、感想が。俺、逆に言うと宇多丸氏のラジオ聞いたおかげで度胸がついたんだけど。あのねぇ、何が難しいって、オムニバスで3本と、それをまとめて4本か。4本という感じの映画になってて。

その3本目を太田光が監督をやってるんですよ。で、ここが難しいところなの。太田光からは、才能があふれてるの。3本目は才能が溢れてるんだけど、全体的に糞つまんねぇところが多いのよ。

っていうか、オムニバスのものの1本目のつかみがつまんないって、キツイんだ。もうキツイニオイしかしないんだ、最初。これはね、宇多丸氏ありがとう。これでいい(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

爆笑問題・太田、監督を務めた映画『クソ野郎と美しき世界』が動員20万人突破するも不満「全然、反応がない」

2018.04.18 (Wed)
2018年4月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、自身も監督として携わったオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の動員が20万人を突破するも、「全然、反応がない」と、反響がないことに不満を口にしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:映画がなんと、20万人突破といい。

太田光:20万人ですよ。

田中裕二:20万人突破という。

太田光:20万人ですよ。

田中裕二:15万人行ったら、大成功って言われてたのが、20万人突破して、まだ増えてますからね。

太田光:凄いよね。

田中裕二:いや、本当、俺が行ったときも満員だったしね。

太田光:ああ、やっと見た?

田中裕二:俺、金曜日見ましたからね。

太田光:どうでした?

田中裕二:いや、面白かったですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、映画『クソ野郎と美しき世界』が2週間で15万人動員を目指すことに「飯島がまたセコイこと言って」

2018.04.11 (Wed)
2018年4月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、映画『クソ野郎と美しき世界』が2週間で15万人動員を目指すことについて、「飯島がまたセコイこと言って」などと語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:先週の金曜日に、(映画『クソ野郎と美しき世界』の)公開が始まって。

太田光:公開、始まって。結構まぁ、お客さんもいい数字でらしい。俺、数字のことはよくわかんないんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:「目指せ15万」とか言ってんだけど。

田中裕二:はい、はい。

太田光:飯島がまたセコイこと言って。

田中裕二:それはいいじゃない。

太田光:結構ね、もう9万9千くらいになってるらしいんです。

田中裕二:3~4日で?

太田光:3~4日で。だから、これはいけるんじゃないかってことで。

田中裕二:ねぇ。

太田光:本当に。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

元SMAP草なぎ剛、映画『クソ野郎と美しき世界』は3人にとっての「新しい出発」の原点となる作品であると発言

2018.04.09 (Mon)
2018年4月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、元SMAPのメンバー草なぎ剛が出演し、映画『クソ野郎と美しき世界』は、3人にとっての「新しい出発」の原点となる作品であると発言していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

草なぎ剛:これは、本当、太田さんに感謝なんですけど。

田中裕二:うん。

草なぎ剛:本当に、ここでしか集まれない人たちが。まぁ、どの映画もそうなんですけど。

太田光:そうでしょうね。

草なぎ剛:特になんか、僕ら3人の新たな出発に…

太田光:なるね。

草なぎ剛:その気持ちはやっぱりあって。

太田光:僕ら3人って、俺とお前と尾野真千子だろ(笑)

田中裕二:お前は入ってねぇよ(笑)

草なぎ剛:違います、違います(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

草なぎ剛:なんかやっぱ、ここでしか…一期一会っていうか。そのなんか強い感じがありました。

太田光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

能町みね子、元SMAPメンバーの映画『クソ野郎と美しき世界』タイトルに言及「ジャニーズ辞めた人って『クソ』って言いたいのかな」

2017.10.28 (Sat)
2017年10月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、コラムニスト・能町みね子が、元SMAPメンバーの映画のタイトル『クソ野郎と美しき世界』について、諸星和己のジャニーズ事務所退所後に出版した著書のタイトル『くそ長ーいプロフィール』を引き合いに出し、「ジャニーズ辞めた人って『クソ』って言いたいのかな」などと語っていた。

久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた
久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた

能町みね子:稲垣吾郎さんの私、ちょっと観られなかったんですけど。

土屋伸之:MXテレビの生放送。

能町みね子:しかも、その日発表だったんですよね。

塙宣之:「近所だから出ました」みたいなの言ってましたよね。

能町みね子:ああ、いいですね、そのノリが。

土屋伸之:ふふ(笑)

能町みね子:なんか、生き生きしてますよね、最近、新しい地図になってから。

出水麻衣:そうですね、楽しそうですよね。

能町みね子:それで、映画が発表されたんですよね。

出水麻衣:はい。

能町みね子:「新しい地図の中で、映画を作ります」っていうのが発表されて。まだタイトルだけで、内容は一切どこにも書かれてないんですけど。

塙宣之:うん。

能町みね子:「この小出し感も上手いなぁ」って思うんですけど(笑)

土屋伸之:なるほどねぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送